新しい規格への取り組み: ISO 10360-12

ポータブル計測アーム認証に関する新しい規格

162 カ国が加盟し、スイスのジュネーブに本部を擁する国際標準化機構(ISO)は、工業認定に関する主要な組織です。ISO という用語は、今やあらゆる分野で信頼性の高い認証規格の略称となっています。

ISO 10360 シリーズの規格は、CMM の受け入れと再検証のために定義されています。一部のポータブル測定アームのお客様はすでに、この規格を熟知しているかもしれません。それは、ここ数年、通常は線形寸法の測定に使用される CMM を対象とする ISO 10360-2 の認定オプションを、 弊社ではAbsolute Arm Compact で提供しているためです。

2016年10月、ISO 10360-12 が公開されました。この規格は、Absolute Arm のような関節アーム CMM のタッチプローブ機能の精度証明に特別に設計されています。他の業界リーダーとともに、Hexagon Manufacturing Intelligence の担当者も、公開前にこの新しい規格を定義した委員会メンバーでした。

2018 年 9 月現在、すべての新Absolute Arm のプロービング機能は ISO 10360-12 に準拠しています。この認証には、すべてのアームで実行される複雑な一連の工場出荷前テストが含まれます。Absolute Arm のすべての構成おける ISO 10360-12 の完全な精度仕様は、当社の製品パンフレット に記載されています。

これが意味するものは何か?
ISO 10360-12 規格は、これまで業界標準であった B89.4.22 認証よりも完全な認証です。これはより複雑な認証であり、理解するのが難しくなっています。

この認証は、EUNI、PSIZE、PFORM、LDIA の 4 つの精度値を指定します。これらの値は、ポータブル測定アームの接触測定精度のそれぞれ異なる側面を表しています。

EUNI 値は単方向 長さ 測定の最大許容誤差です。したがって、たいていの測定ニーズを最もよく反映しています。

PSIZE 値は、球の直径の測定の最大許容誤差です。したがって、フィーチャ測定の精度を示します。

PFORM
PFORM
値は、球の形状の最大許容誤差です。これは、アームの分散精度を定義する値です。

LDIA
LDIA
値は、関節位置の最大許容誤差です。したがって、アームの再現性を表します。

この認証を分析すると、ユーザーには明確なメリットがあります – 最初に特定のアプリケーションにとって測定の最も重要な側面を定義することによって、そのアプリケーションのためにより良いアームをより正確に評価することが可能になるのです。ただし、これは複雑なプロセスです。

SPAT ではどうか?
「Single Point Articulation Test」または SPAT は ISO 10360-12 Annex D で定義されています。この規格の認証値ではなく、クイックチェックのみを目的としています – 実際の測定のいかなる側面も正確に反映してはいません。これはコーンアーチファクトを使用し、LDIA 値によってより適切に表現される再現性の非常に基本的な尺度を表します。

SPAT を使用してポータブル測定アームをチェックする際のフォールバックの唯一の理由は、適切なキャリブレーションアーチファクトが利用できない場合です。これは、Hexagon Manufacturing Intelligence の顧客には当てはまりません。

すべての Absolute Arm で、ISO 10360-12 の認証値は完全にトレーサブルです。Absolute Arm の精度は、すべてのアームに付属している純正品の校正アーチファクトを使用して、ユーザー自身がいつでも確認できます。

Absolute Arm が期待される精度の範囲外であると判明した場合、世界各国の Hexagon Manufacturing Intelligence サービスセンターで ISO 10360-12 の再認証が利用できます。再認証プロセスを各国のサービスセンターに配置することで、再認証のために世界中でアームを輸送することで生じる不要なダウンタイムを回避できると考えています。

問い合わせ先

Hexagon Manufacturing Intelligence
ヘキサゴン・メトロジー株式会社(本社)
〒252-0132 神奈川県相模原市緑区橋本台 
1-15-8
Sagamihara-shi (Kanagawa-Ken)
Japan

T: +81 42 700 3500
F: +81 42 700 3511

販売・営業部門 カスタマーサービス部門

関連タグ