DPAによる変形解析

気候室における光学測定DPAによる変形解析

Klimakammer_Messung

新規の生産資材に対する環境的影響の評価のため、耐候試験が実施されます。試験の間に発生する3次元変形を判定するためには、移動式3次元産業用測定装置 DPAは、申し分のないツールとなります。多数の測定点の結果が、数分内で利用可能になり、グラフィック出力オプションにより、変形の解釈がはるかに簡単 になります。 

温度反応試験は必須

開発フェーズの間、たとえば、新規の資材や部品を試験するとき、耐候試験を援用した環境影響の調査と評価は、標準的ルーチンの一環です。環境室を使用して気候条件をシミュレートし、変形や拡張などの試験対象物の特性が評価されます。Klimakammer_signalisierte-Tuer

厳しい気候条件下の幾何学的構造変形の測定

耐候試験により、周囲条件と相関的な試験対象物の幾何学的構造変形に関して、必要不可欠な情報が取得されます。それには、試験対象物の完全な3次元測定が必要になります。多数の精密測定点に対する最短時間内での高速測定への要求が増加一方であるため、測定装置は、以下の要件を満足する必要があります。

  • 測定過程中の対象物の幾何学的構造変化を防止するため非接触式測定であること。 
  • 気候室内部で測定装置の使用が可能であること。したがって、装置は、厳しい気候条件下でも信頼できるものであること。 
  • 測定時に対象物が不動であるという前提のもと、測定の捕捉時間が最小限に抑えられること。 
  • 測定値の評価過程および3次元座標の計算を自動化し、連続測定のため評価時間を最小にすること。 
  • 簡単な理解および試験の文書化のため、結果の視覚化が可能であること。 

 
気候室内における試験サンプルの幾何学的構造変形の測定のためには、AICON社の光学測定装置が、効果的なツールとなります。

Klimakammer_Darstellung DPAによる光学測定

高解像度デジタルカメラにより、試験サンプルは、最適化された個別記録原則に従って捕捉されます。このため、ソフトウェアCodeMakerを援用 して、ユーザーは、それらの気候条件に特に適切な資材上に測標点をプリントします。適応済みのカメラが、気候室内の厳しい気候条件下で使用できます。必要 であれば、保護用の特別なカメラケースも利用できます。対象物の捕捉時間は、非常に短く、必要な一連の測定も、簡単に実行できます。

Klimakammer_Ergebnis最小時間での3次元座標の自動計算

評価用ソフトウェアDPAは、数分以下で、イメージ評価および3次元の対象物座標の計算を行います。AICON 3D Studioにより、一連の測定結果比較が簡単にできます。変形ベクトルの視覚化により、解釈が非常に楽になります。情報ピンを統合すると、一部の点に対 する厳密な変形値に関する追加情報が取得されます。

必要な測定レポートは、ソフトウェアサポートにより作成されます。すべての結果は、マウスのドラッグ&ドロップ機能を用いて、Windowsユー ザープログラムに統合することができます。他のユーザーがAIICON 3D Studioの完全なレポートおよびエクスポート機能を使用でき、また同ソフトウェアのグラフィックプレゼンテーションツールを用いて結果を調査できる場 合、結果をそのユーザーに引き渡すことができます。