豪華ヨット用に生産される窓の3次元測定

造船業におけるDPA

Yachtglass_Vermessung

最高級ヨットの窓の製造は、窓が、半径が変動し複数軸に沿いながら湾曲しているため非常に厳しくなります。窓枠の形状と寸法の測定には、移動式3次元産業用測定装置DPAが、理想的なソリューションであり、すでに、実際に適合性を証明しています。

Yachtglass_Reling 光学機器は正しくなければならない

ヨットを完璧にするには、日光によって、生産コストの高い湾曲した窓が曲がってはなりません。メーカーは、湾曲形式用の生産過程の最適化に傾注します。これを達成するため、今では、窓枠の形状はAICON社の3次元測定装置DPAで測定されています。 

木製モデルやセオドライト測定などの以前の方法が、高価すぎること、不正確すぎることが判明しています。 

Yachtglass_Messergebnis 測定対象点は、対象物上で強調された後、デジタルカメラで撮影されます。短時間の評価後、対象物の3次元座標が利用可能になります。 

特殊アダプタを用いて、アクセスの困難な点さえ測定が可能になり、船上での作業時間がさらに短縮化されます。

世界的移動性を持つ3次元測定

この手法を適用すると、新しいヨットの窓を測定できるばかりか、修理目的の3次元測定作業も実施可能となります。この測定装置の移動性が、大きな利点となります。欠陥のある窓の測定、交換は、埠頭で実施する必要がなく、世界のどの港でも実施できます。港内での船舶が揺れてしまっても、この測定手法は影響されません。

今日的な測定上の利点は以下のとおりです。

  • 準備、測定、および評価が、一人の人間によって実施できること 
  • 測定している間、船上の他の仕事が影響されないこと 
  • 装置を飛行ケースに入れれば、世界中どこにでも移動できること

AICON MoveInspect DPA

ポータブル式三次元測定機AICON MoveInspect DPA、小型デジタルカメラは長期の製造ダウンタイムや測定機の移動時間不要で、生産管理およびモニタリングを実施します。

 
AICON 3D Systems GmbH


Biberweg 30 C
38114 Braunschweig
ドイツ

T: +49 (0) 5 31 58 000 58
F: +49 (0) 5 31 58 000 60
 

メールでのお問い合わせ お問い合わせフォーム