Audi e-tron innenmeisterbock検査

アウディ・ブリュッセル Absolute Armとレーザースキャナーで、これまでより検査を効率的かつ高速で安定して実行

アウディ・ブリュッセルは1948に設立され、自動車生産の分野で重要な役割を果たしました。2018年以来、プラントは、Audi e-tronおよびブランドの最初の完全電気SUVであるe-tron Sportbackを生産する、e-モビリティの代名詞となってきました。

アウディはベルギーの首都のヨーロッパ中心部に工場を置く、唯一の主要な自動車製造業者です。ヨーロッパの主要機関に近いブリュッセルのC02ニュートラルサイトは、e-tronの生産に理想的な条件を備えています。アウディのブリュッセルでの成功を後押ししているのは、熟練労働力、高速道路と鉄道輸送への容易なアクセス、および都市にベースを置いた機関との良好な関係です。アウディ・ブリュッセルは、モビリティの未来を形成し議論するために、国内外の当局との対話に積極的に取り組んでいます。

Absolute Arm with laser scanner at Audiアウディは、持続可能なモビリティーの未来に賭けており、今後10年の半ばまでに年間約100万台の電気自動車を販売することを目指しています。2025年までに全ライフ・サイクルで
カーボンフットプリントを30パーセント削減し、2050年の終わりまでにカーボンニュートラル達成を目指します。アウディの目標は、「最高の顧客体験を提供する最も進歩的なプレミアムブランド」であり、「最大に魅力的なイノベーション、息を呑むようなデザインを持つブランド」です。

AUDI AGの品証は、とりわけ一般的なクライアント体験に注目します。顧客が、あらゆる意味で品質の高さを体験することです。これには、異なる部品間の取付具のニーズのような非常に小さな問題も関係します。アウディ・バイヤーにとって品質は非常に重要です。10年前からこの傾向はさらに強まっています。AUDI AGでは、自動車部品調達からあらゆる部門を横断して品証が行われています。したがって、サプライヤーとのよい関係は長期的品質改善につながり、新しいプロセスの開発にとって重要です。

「品証部門では自動車の部品とマウント概念に、大量生産に耐える品質基準を適用します。」Audi e-tron ブリュッセル型コーディネーターDries Daniels氏はこう話しています。「私たちは、サプライヤーと協力し既に組み立て可能な品質を持つサンプルを調達します。品証部門はこれを確認し、安定を増加させる変更を依頼します。また他のサプライヤーの部品との調整についてサプライヤーにフィードバックを提示します。私たちは改善目標について合意し、見つかった問題を解決する責任を割り当てます。」

Switching from probing to scanning in the blink of an eyeベルギーのプラントではフォルクスワーゲン・グループの世界の多数の工場と同様、数十年間にわたってHexagonプロダクトが利用されてきました。ブリュッセル品証部門ではDEA Bravo、DEA Taifun(稼働中の最も古いシステム)、HP-Lレーザースキャナーを備えた従来のROMERポータブル測定アーム、そして、最も新しく重要な青色可視光レーザー・スキャナーを備えた最新世代Absolute Armを使用しています。

「イネンマイスターボックの型でも、お客様の完成車の分析でも、閉ざされた空間で仕事をしています」と Daniels氏は説明しています。「当初から検査に良好な成績で合格することが理想的です。目標達成への影響をできるだけ押さえる為です。チェックしている部品は自然なビルドアップと同様に、大量生産と同じ品質を持ち、かつ大量生産と同じコントロールができることが必要です。」
Absolute Armは、車内全体を容易に検査できるだけでなく、高光沢の暗い表面のスキャンも可能にします。The large Absolute Arm allows easy and accurate measurement inside or outside the car「以前には、部品評価はキュービングで行い、問題があった場合は部品を自動車から取り外して、サンプル作業ではもう一度組み立てていました」とDaniels氏は続けます。「Absolute Armとレーザースキャナーのおかげで、自動車の部品の問題をその場で評価でき、問題の原因を追求できます。これは即時にサンプリングを可能にし、部品と構造の組み立てやフィードバックの確認が大幅に高速化します。システムの柔軟性およびポータビリティによってワークフローの大幅合理化が実現しています。」

「Absolute Armは自動車全体の内部の検査も可能であり、さらに簡単に高光沢の暗色表面もスキャンできます。とくに現代の車体には効果的です! 検査のためにスプレーを使用することは快適な作業ではなく、できれば避けたいオプションでした。」

現在、何名かのスタッフが両方のポータブル測定アームのエキスパートユーザーとして訓練を受けました。新しいAbsolute Armの使いやすさを理解し、グリップの近くのスイッチは必要なくなりました。  

「レーザースキャナーはより直観的です」とDaniels氏は言います。「スキャン幅が広いことは大きな利点です。迅速にスキャンできるからです。現在のモードが小さな画面に表示され、パソコンを開かなくても異なるプロフィール間で切り替えることができます。こうした改善はすべて、時間とともに大きな利点をもたらすでしょう。」

The absolutely portable Absolute Arm is in use throughout the Brussels plant

アウディ・ブリュッセルで最初のAbsolute Armを2013年に購入して以来、Hexagonの製品は4mの測定ボリュームを備えたアームで必要な精度を提示してきました。Absolute Encoders は、さらにウォームアップにかかる時間を除去し、安定およびハイ・レベルの精度を提示する大きな利点を持ちます。新しいAbsolute Armは、高光沢の部品やほとんど透明の後部照明部品までスキ ャンが可能であることはスタッフにも明確な利点でした。

「Hexagonベルギーとのこれまでの強固な協力関係から大きな利点が得られました」と型部門責任者Thomas Marteau氏が付け加えます。「調達前に必要な試験時間が得られました。この関係は、私たちにとって非常に重要です。」

古いCMMの置換はブリュッセル品証チームの次のステップになります。「予備部品が徐々に問題化しています」とMarteau氏は言います。「私たちは、特に大量測定では、常に最も新しいテクノロジーに目を向ける必要があります。インライン、ライン検査には明確な計画ががあります。任意の環境あるいは状況と独立性の高い精度を持つ製品を購入する予定です。私たちは、誰もが使用できるターンキーソリューションを望んでいます。」

Case study: アウディ ブリュッセル ベルギー

Related Case Studies

See how companies like yours are working with Hexagon Manufacturing Intelligence

Case study: アウディ ブリュッセル ベルギー