DEA DIGISCAN

DEA DIGISCAN – CMM用自動リバースエンジニアリング

DIGISCAN は、アナログスキャニングプローブを備えたヘキサゴンメトロジーの測定機を使用して、自由形状の表面と輪郭をデジタル化する自動、連続スキャニングシステムです。模型、金型コピー、リバースエンジニアリング、急速プロトタイピング、スタイルセンターや金型産業用の軽量物ミーリング加工などに対応する廉価で多目的な環境です。

DIGISCANは、標準的なマイクロソフトウインドウズの環境で、高性能継続スキャニングプログラムを直観的に管理する、ウインドウ、アイコン、コンピュータグラフィックに基づいた人と機械のコミュニーケーションテクニックを採用しました。

DIGISCANは、プロファイルとコンタリングの両方のモードで、各種のデータ取得基準と制御の機能に応じて、測定表面の種類を問わないスキャニングプロセスを制御する機能を備えています。自動データフィルタリング機能により、事前にクリーンにする手間もなく、処理が続行できるスパイクや偽データのない、リアルタイムで表面ポイントファイルを生成します。

CMMの制御内に装備され、PID制御(比例-積分-微分制御)に基づいたDIGISCAN ハードウェアと、“ルックアヘッド” テクニック(産業用制御システムで広く採用)により、ブリッジ、ガントリー、横型など、幅広い種類のCMMで高速スキャニングや優れた測定能力を発揮します。

マルチタスキング操作システムにより、連続スキャニングモードのCMMの制御、デジタル化済表面の3D表示、スキャニングデータファイルの外部機器への転送などの複数のプロセスの同時管理ができます。

お客様について
貴社について
Case Study - ATR - Colonnella

Software Downloads

Visit our dedicated Software Portal to access support documents and downloads of our latest software.