Hexagonの新しい無線レーザートラッカーのオートメーションシステム

WRTLシステムは、大規模レーザートラッカー自動検査プロジェクトのために、独自のワイヤレススキャン接続性を提供

2022年4月26日
WRTLはHexagonの新しい無線レーザートラッカー・オートメーションシステムです
HexagonのManufacturing Intelligence部門は、本日、6DoFレーザートラッカー技術に基づく自動検査統合プロジェクト向けの最新のソリューションを発表しました。WRTLは、レーザートラッカーおよびスキャナーコントローラーを接続するケーブルをなくすことで、大規模で自動化された検査システムをセットアップするための一般的な問題を解決します。トラッカーやスキャナを自律移動ロボット(AMR)か無人搬送車(AGV)に取り付けることで、モバイル化の可能性を開きます。このシステムは、特に航空宇宙や風力エネルギーのセクターでますます増加する大規模な検査タスクに理想的です。

Absolute Scanner AS1と互換性を持つ、2021年に発売された画期的な3Dレーザースキャナは、最高レベルの精度で、高密度データ収集を可能にします。WRTLに基づいたスキャンシステムが、ロボット精度と無関係に直径60メーターの測定ボリュームの全体にわたって50ミクロン以内の精度を提供できます。新しいシステム構成を定義する場合、WRTLがユーザーに提供する自由度が増強され、工場では、照明を消した状態でも、24時間大量検査タスクを自律的に実行することができます。オペレーターが翌日に出勤すると、測定報告書が発行され、分析を行い、製造工程を次の生産ステップに移る準備ができています。

「WRTL以前には、検査の自動化は、常に静止しているセル内の特定の反復タスクのみに制限されていました。」Hexagonのレーザートラッカー製品管理者のロドリゴ・アルファイアは説明します。「これからは、自動検査が真にモバイルに移行します。以前には携帯型のアプリケーションのみで可能だったものです。今日検査をここで行い、明日は別の場所で行えます。ロボット・スライダーあるいはロータリーテーブルをインストールするために床の穴を空ける必要もありません。」

固定されたロボットレールを、工場内を走行するAGV(またはAMR)に置き換え、さまざまな場所で作業を行う柔軟性が、検査や生産の自動化に新たな扉を開くことになるのです。WRTLがなければ、スキャナコントローラとレーザートラッカー間のケーブル接続を常に維持し、対応する必要があります。WRTLシステムはこの問題を解決し、トラッカーとスキャナーの両方を完全にモバイル化し、フレキシブルに対応する可能性を可能にします。そのため、これまで手が届かなかった大量の自動検査が可能になります。

WRTLは、大容量アプリケーション向けの絶対的な精度と無線能力を備えた唯一のスキャンソリューションです。最大4台のトラッカーと4台のAMRベースのロボット搭載スキャナーを単純なペアで、または各トラッカーが複数のスキャナーを監視するクロス構成で動作させ、現場の生産性を最適化することが可能です。AT960 レーザートラッカーの長範囲6DoF能力により、測定を中断せず、精度に妥協なく、トラッカーから30メーター離れて測定を実行することができるようになります。

Hexagonはセンサー、ソフトウェア、自律型テクノロジーを組み合わせたデジタルリアリティのグローバルリーダーです。当社は産業、製造、インフラ、公共部門、モビリティアプリの全域でデータを活用することで効率、生産性、品質および安全性を高めています。

当社のテクノロジーは生産と人に関連するエコシステムを形成し、接続と自律化を拡大し続け、スケーラブルで持続可能な未来を保証します。

HexagonのManufacturing Intelligence 事業部は、設計とエンジニアリング、製造、および計測分野のデータを活用し、製造をよりスマートにするためのソリューションを提供しています。詳細情報は、 hexagonmi.com からご覧ください。

Hexagon (Nasdaq Stockholm: HEXA B) は、50カ国で合計 2万人以上の従業員を擁し、純売上高は約 38 億 EUR です。 ウェブサイト hexagon.com で詳細をご覧ください。またぜひ@HexagonAB もフォローしてください。