Hexagonは名古屋に新ソリューションセンターを設立

日本国内メーカーがインダストリー4.0導入の道筋を描ける、新しいデモンストレーション施設をオープン

2019年8月20日

HexagonのManufacturing Intelligence部門はこのたび、インダストリー4.0に基づくソリューションの理解と導入を推進する施設を、愛知県長久手市にある名古屋テクニカルセンター内に開設致しました。新エリアでは、日本国内のお客様向け学習センターおよびデモンストレーションセンターとして、Hexagonのスマートファクトリーソリューションを提示します。

近年のHexagonの業務拡大にあわせ、より充実したサービスベースの提供を通じて、高度かつデータ主導型製造ソリューションのインテリジェンスを業務に取り入れることで、自動車や航空宇宙を含むさまざまなメーカーの生産性の向上に繋げます。ここでは、設計やエンジニアリング、生産、計測を全てカバーするHexagonのスマートファクトリーソリューションのフルデモンストレーションを実施します。

また、Hexagonの production softwareチーム や測定ソリューションポートフォリオチーム、MSC Softwareチームを含むHexagonのManufacturing Intelligence部門全体のローカルビジネス関連のコラボレーションセンターとしての機能も有しています。

「世界全体のメーカーにとって、運用方法に関するより深い洞察を提供できる革新的なテクノロジーが、今後の競争力向上には不可欠です。」とHexagonのManufacturing Intelligence部門代表、Norbert Hankeは述べています。「今日における経済状況の不確実性のなか、製造のさらなるスマート化が必要とされているのはまさに今なのです。この新施設では、日本国内のお客様が求める、生産性向上に繋がる製品群とソリューションを紹介します。」

Hexagon Manufacturing Intelligence について

Hexagon Manufacturing Intelligenceは従来のテクノロジーを見直し、明日の世界を変える製品開発を支援します。測定と生産ソリューションのスペシャリストとして、当社のセンシング、シンキング、アクティング( 測定データの収集、分析、実用的な活用 )における専門性が、生産品質の向上、製造スピードの向上、その結果生産性を向上できる自信を当社の顧客に提供しています。

5 つの大陸に展開されている各地域のサービスセンター、生産施設、営業オペレーションのネットワークを通じて、我々は品質が生産性をリードする、製造におけるスマートな変革の世界を構築しています。

Hexagon Manufacturing Intelligence は、Hexagonグループ傘下の地理空間的・産業的エンタープライズ・アプリケーション全体で品質と生産性を担う情報テクノロジーの世界的リーディングプロバイダーです。

センサー、ソフトウェア、ドメイン知識、顧客ワークフローに代表されるスマートな情報体系を統合するヘキサゴンのソリューションは、実用情報、自動化プロセス、生産性向上を支援しています。様々な産業の広範囲に渡り採用されています。

Hexagon (Nasdaq Stockholm: HEXA B)は世界50カ国に20000名以上の従業員、総売上高は約3.8億ユーロです。詳細はhexagon.comにてご確認頂けます。

問い合わせ先

Hexagon Manufacturing Intelligence
ヘキサゴン・メトロジー株式会社(本社)
〒252-0132 神奈川県相模原市緑区橋本台 
1-15-8
Sagamihara-shi (Kanagawa-Ken)
Japan

T: +81 42 700 3500
F: +81 42 700 3511

販売・営業部門 カスタマーサービス部門