新自動測定システムBLAZE 600Aの発表

BLAZE 600A、三次元光学測定ソリューションにより製造現場の生産性を向上

2018年4月19日
Hexagon Manufacturing Intelligenceはこの度BLAZE 600A、製造現場向けロボットに完全自動化設計された3D光学測定システムを発表しました。ヘキサゴンの検証済みの白色光スキャナー技術に基づいたBLAZE 600Aは、高解像度デジタル画像化技術と青色LED照明を使用して自由形状サーフェスおよびフィーチャデータを迅速かつ高精度に取得します。その広範囲な測定範囲は高密度のポイントクラウドデータを効率的に取得し、また強化プロジェクション技術は、光沢面・反射率の高い塗装面・黒色品・複合材など事実上ほぼ全ての素材や表面タイプも下処理不要でスキャンが可能です。

BLAZE 600Aは製造現場での使用に最適化されており、従来型の製造現場から検査室までに対象物を運ぶ時間や労力を削減することができます。使用しやすい全自動化スキャニングシステムでは、わずか一人のオペレータで作業にあたることができます。高速データ取得は、振動や周辺照明の変化による影響をほぼ完全排除し、条件の厳しい製造現場にあっても精度の高い測定を提供します。ダウンタイムとメンテナンスコストの最少化のため、BLAZE 600Aの高データレートカメラ、投影ユニット、エレクトロニクスは重工業にも適した高剛性設計がなされ、全ての光学コンポーネントは温度安定性の高いハウジングで保護されています。本システムは2種類の投影構成を選択でき、より大きな視野でも精度を損なうことなく、複数の測定範囲設定をサポートします。様々なデータ取得モードにより、各検査タスクに応じて最適な結果を提供します。

Hexagon Manufacturing Intelligence自動化ソリューション部門のセールスおよびマーケティングマネジャーPål Fugelliは次のように述べています。「BLAZE 600Aはその精度と再現性能において、旧世代システムを大幅に上回っていますが、重要なのは生産プロセス全体を通してアプリケーションの可能性を拡げるべく高い柔軟性を提供することです。各メーカーは個別ニーズに合わせてシステムをセットアップし、様々なタスクにより容易に適応させることが出来ます。多種多様のパーツを高精度にデジタル化できる能力は、BLAZE 600Aが生産サイクルにおける各段階で単一システムの測定ソリューションを提供できることを意味しており、品質エンジニアや生産管理責任者に必要な情報をリアルタイムに伝えます。」

BLAZE 600Aは世界同時に取扱を開始しました。詳しくはヘキサゴンの各営業拠点までお問い合わせ下さい。
Hexagonについて

Hexagon は、センサー、ソフトウェアおよび自律ソリューション分野の世界的なリーダーです。 弊社は、産業、製造、インフラストラクチャー、安全、モビリティ・アプリケーションの各アプリケーションにデータを活用することで、効率、生産性および品質を高めています。

弊社のテクノロジーは、相互に接続された自律的な都市と生産エコシステムを形成しており、スケーラブルで持続可能な未来を約束します。

Hexagon の Manufacturing Intelligence部門では、設計とエンジニアリング、製造、計測分野のデータを活用し、製造をよりスマートにするためのソリューションを提供しています。 詳細は hexagonmi.com からご覧ください。

Hexagon (Nasdaq Stockholm: HEXA B) は、50カ国で合計 2万人以上の従業員を擁し、純売上高は約 38 億 EUR です。 ウェブサイト hexagon.com で詳細をご覧ください。またぜひ@HexagonAB もフォローしてください。