The Leica Absolute Interferometer

Leica Geosystemsは、レーザートラッカーにADMを搭載した最初のレーザートラッカー製造会社です。

Leica Geosystemsは、レーザートラッカーにADMを搭載した最初のレーザートラッカー製造会社です。1995年のLTD500の導入は、レーザートラッカーの使い方に革命を起しました。もしビームが中断した場合、IFM距離をリセットするのにオペレータは、知っている位置に戻る必要が、もうなくなりました。ADMがそれを自動的にできるようなったのです。ADMはすぐに事実上の標準となり、数年以内に大手レーザートラッカーのメーカーが、ADM技術を市場に持ち込みました。しかし、Leica Geosystemsは常に精度のトップを維持しました。

理想的には、レーザートラッカーはその機能を合体し壊れたレーザービームをすぐに復元し、ただちに動く目標の測定を始めるものでした。同時に最高速度で絶対距離を測定して、機械任せで速く、ほとんどゼロに近い統合の時間(目標の位置の決定に要する時間)でした。現在に至るまで、単体の距離計はこの機能がありませんでした。その結果レーザートラッカーメーカーは、レーザー干渉計(IFM)と絶対距離計(ADM)の両方を使わざるを得なかったのです。

IFM とADMの中核技術が、10年以上も世界中の私どものレーザートラッカーで使われてきました。これらの技術は改良され一体化されて、”絶対干渉計” またはAIFMと名付けたものを作りました。私どもがかつて作ったなかで最も正確で安定した、ダイナミックな距離計を示すものです。AIFMは事実、レーザートラッカーの使い方を変えました。AIFMは、両方の世界でのベスト部分の一体化です。最先端のソリューションを長年の問題に提供し、それを成熟した技術を使って実行します。

Download the White Paper

 

Leica Absolute Interferometer Explained

問い合わせ先

Hexagon Manufacturing Intelligence
ヘキサゴン・メトロジー株式会社(本社)
〒252-0132 神奈川県相模原市緑区橋本台 
1-15-8
Sagamihara-shi (Kanagawa-Ken)
Japan

T: +81 42 700 3500
F: +81 42 700 3511

販売・営業部門 カスタマーサービス部門