高高度光学望遠鏡の位置補正

高度レーザーとラッカーの直接スキャンテクノロジーとチルト実装能力によって、望遠鏡アラインメントに理想的なソリューションを提供

 

ATS600: 高高度電波望遠鏡の位置補正

大型位角望遠鏡(BTA)は、ユーラシア最大の6mの単一体主ミラ ー直径を備えた光学望遠鏡です。 このリフレクタータイプ望遠鏡は2070mの高度にあり、ロシアのカラチャイ・チェルケス共和国のゼレンチュクスカヤの天体物理学特別観測所(SAO)に設置されています。

質の高い観測や天体物理学の研究を行うためには、鏡システムの要素の位置やBTA全体の形状のパラメータの安定性を確保する必要があります。 実際の望遠鏡システム(高度軸、垂直軸、チューブなどの観測軸)が、ソフトウェアでセットされた理想のシステムと一致しない場合、トラッキングや指向性でさまざまなエラーが発生してしまいます。

The BTA sits at an altitude of 2070 metres in the Greater Caucasus range, close to the border with Georgia計装および計測コントロールの方法の最新の進歩によって、天体物理学観測所および望遠鏡オブジェクトで、現在の状態を測定できる素晴らしい機会が開かれています。 レーザー・テクノロジーに基づいて、調査オブジェクトの点の空間座標の決定を許可する装置は、空間ポジショニングおよび形状モニタリングで長く使用されてきました。 さらに、こうしたシステムは、既存のコントロールシステムに組み入れられ、ワークアイテムの位置のリアルタイム修正が可能となっています。

BTAでは、こうしたテクノロジーを適用することで、望遠鏡ミラ ー・システムの様々なエレメントの変形の連続的な形状コントロールが可能になります。 第一焦点の光学系エレメントの位置は、第一焦点グラスおよび凸面双曲線ミラーの変位を含めコントロールすることができます。 ブーム、支持柱および拡張材のような望遠鏡チューブ構造の変形もモニターすることができます。
また、タワーの屋根の開閉時や観測時の望遠鏡管の構造を解析することで、熱変形を追跡することができます。 同様に、チ ューブを全角度に傾けたときのミラーシステムの要素の位置の変化によって、重量の変形を追うことができます。
 
BTA, the largest optical telescope in Eurasia, using the ATS600Promgeodesiya社の専門家は、チューブの傾斜角によって、メインミラーに関する第一焦点カップの変更を決定する測定を行ないました。 測定中に、望遠鏡チューブは特定のステップにより、頂点および方位角の方向に傾けられました。

The ATS600 was mounted at a 90-degree angle to allow it to point at the telescope’s primary focusこの測定は直接スキャンレーザートラッカーLeica Absolute Tracker ATS600で行なわれました。 測定精度の最適化のため、トラッカーは、望遠鏡の中間点にしっかりと取り付けられました。 さらに、トラッカーの向きも重要となりました。第一焦点に向けるには、トラッカーを垂直から90度の角度に傾けることが必要になります。 専用のハードウェアとATS600レーザートラッカーの機能を使って、ミッドマウントの構造物に、傾斜可能な機器テーブルを取り付けました。

望遠鏡での測定の全体にわたり方位角の軸の傾きを決定するために、Leica NIVEL220傾斜計もあわせて使用されました。

Case study: 大型方位角望遠鏡(BTA)、ロシア

Related Case Studies

See how companies like yours are working with Hexagon Manufacturing Intelligence

Case study: 大型方位角望遠鏡(BTA)、ロシア