全世界に対応する正確に測定されたパイプ

Bilfinger Piping Technologies GmbHは、MoveInspectによりコンポーネントを検査する

Bilfinger_Messung

最大外径2メートルを持つ最大パイプ長24メートルのパイプ-ドイツ、ドルトムントにあるBilfinger Piping Technologies GmbHの中核事業では、そうした巨大サイズのコンポーネントを取り扱っています。大きなチャレンジ:パイプは、世界中の熱的高応力下にある最新の発電所や工場の要件に最大限従わなければなりません。したがって、厳しい寸法精度が必要不可欠となります。そのために、AICON社製のMoveInspectが現在、検査に使用されています。 

Bilfinger_MoveInspect-Kamera 2013年初頭以来、Bilfinger Piping Technologies社は、パイプの幾何学的構造最終検査の品質保証において、携帯式CMM MoveInspect HRを用いて成功を収めてきました。同装置は、日常的に使用されています。測定作業は、システム寸法、屈曲角、および複数の屈曲の場合角偏向の測定です。 

「MoveInspectによる3次元測定は、以前の1次元寸法手動測定に対する重要な補完という位置付けです。当社の目的は、全面的に包括的な3次元コンポーネント測定に切り替えることです」とBilfinger.社のMoveInspect導入担当者のプロジェクトマネージャ、フロリアン・グライスナー(Florian Gleißner)氏は語ります。

高品質パイプ

Bilfinger_Pipings Bilfinger Piping Technologies社は、発電所の水/蒸気回路用高圧管のヨーロッパ市場の大手建設企業です。同社は、エンジニアリング、プレハブ施工、および組立に豊富な経験を持っています。革新的な製造エンジニアリングのため、Bilfinger Piping Technologies社は、発電所の配管、工業用配管、給気システム、設備管理、および工場設備の各分野において、相当な成功を収めています。優先セクターは、化学産業、石油化学産業だけでなく、鉄鋼業もあります。ドルトムントの工場長代理ユルゲン・ダルトルップ(Jürgen Daldrup)氏は、「空間中の複雑な問題に対処するときこそが、当社の力の見せ所です。当社は、複雑な幾何学的構造を持つスプールパイプや特別なコンポーネントを生産すると同時に、厳格な許容誤差にも従っています。そのおかげで、当社は注目される存在となっています」 

3次元測定への一歩一歩の進展

2006年、Bilfinger Piping Technologies社は、初めて、顧客に対して、厳しさを増した許容誤差要件に適合、検証する目的で、小型部品の精密測定を行う必要性に直面しました。同社は、地元のサービスプロバイダに、日常的な測定作業を委託していました。しかし、大型コンポーネントに対する要件も、厳しさを増しました。ドルトムントの工場は、粗野な工場環境における測定に特に適している自工場の接触式測定装置への投資を決定しました。

BilfingerMIProbeMessung 測定チェック-簡単かつ高速

MoveInspectを用いた光学測定は、時間とコストの節約となります。固定測定ステーションでの屈曲を1か所持つパイプ測定は、数分で終わります。さらに複雑な、複数の屈曲を持つ部品の測定は、もう少し時間を必要とします。そうした部品は、MI.Probeを用いて触覚式に測定されます。あるいは、同測定装置は、将来、Bilfinger Piping Technologies社の他の製造所または建設現場にも移動式用途のために導入可能です。 

Bilfinger_BendingStudio 標準的な屈曲がソフトウェアのPolyWorks Inspector™ Probing内に格納されており、個々の測定作業に利用可能です。1重、2重、3重の屈曲、2つの長い脚部、2つの短い脚部、長短1つずつの脚部などが格納されています。標準的測定量6 × 7 mを外れたパイプにもソリューションがあります。そうしたコンポーネントは、セクション毎に測定され、結果は、測標の付いた基準点により統合されます。

さらに、AICON社のソフトウェアプラットフォームBendingStudioを、操作の説明付きのもとシステムの基準寸法の捕捉に利用できます。同プラットフォームは、屈曲部品生産を中心に、すべてのデータとプロセスを結合し、最適制御を行います。個々のプロセス手順における変更が、定量化、視覚化、および文書化されます。BendingStudioの最も説得力のある特長は、縮小された単純な測定手順です。少数の操作手順により、特に、生産環境における作業が大幅に単純化されます。生産プラニングの既存のソフトウェアパッケージとのデータ交換は、インターフェースを介して可能です。

光学3次元計測による将来

2013年の導入以来、MoveInspectは、順調に日常的に使用されてきました。したがって、第2の測定ステーションが、現在、設置中です。「使いやすく、精密でもある測定装置の導入は当社にとって、重要であったばかりでなく、装置は、将来のアプリケーションに対応する開発潜在能力を持たなければなりません。MoveInspectは、多様な目的の可能性を実現してくれます。『最初のインテグレータ』としてソフトウェア開発に影響できることは、当社にとって重要な問題でもありました」とユルゲン・ダルトルップ氏は、AICON採用の決定を要約してくれました。

MoveInspect + BendingStudio

座標測定機のMoveInspect HR|XRとワイヤレス式MI.Probe 、BendingStudioを一体化して中~大径チューブの効率的な品質管理が実現します。

 
AICON 3D Systems GmbH


Biberweg 30 C
38114 Braunschweig
ドイツ

T: +49 (0) 5 31 58 000 58
F: +49 (0) 5 31 58 000 60
 

メールでのお問い合わせ お問い合わせフォーム