航空宇宙空間のDPA

移動式3次元測定装置によるソーラーパネルの高速調査

Eurocopter_Wrmebild

Eurocopter Deutschland社では、ソーラーパネル荷重下のコンポーネント試験が、巨大な標準試験ルーチンの一環です。その環境では、パネルの剛度および平坦度に対するパラメータも決定されます。これらの測定に対応するため、Eurocopter社は、現在、AICON社の3次元測定装置DPAを信頼して使用しています。

3次元測定作業

ソーラーパネルの試験時には、剛度ばかりか平坦度も、荷重下および無荷重下の測定で決定されます。そのためには、対象物を座標測定機(KMG)に運 び、KMGで試験および測定の両方を実施する必要がありました。2 × 2.5メートルまたは4 × 2.3メートルの寸法の物体には、移動式測定装置は、非常に望ましい装置となりました。

Eurocopter_Messung3次元測定装置DPAによる高速測定

移動式3次元測定装置DPAを使用している現在、3次元測定は試験現場で実施できます。剛度判定のため、ソーラーパネルは、地面に置かれ、その4隅が固定されます。その後、必要な数だけリフレクタマーカーが固定され、無荷重条件の測定が続きます。

剛度チェックのために、約5キログラムの重りがパネルの中央に置かれ、新たな3次元測定が行われ、10~20 mmの範囲にある変形が記録されます。

3番目の試験では、パネルの平坦度が測定されます。空間中に置かれた状態に最も近い条件として、パネルは、長辺の2つの隅で吊るされます。パネルが静止したら、測定の開始が可能になります。高解像度カメラで、三脚を使わないで分単位で写真が取られます。カメラに固定されているリングフラッシュにより、リフレクタマーカーに対する一様な照明が保証されます。

結果の3次元座標、グラフィック出力の計算

3次元測定写真の評価および3次元座標の計算は、DPAと連動するAICON 3D studioの自動処理によります。ユーザーは、フォトグラメトリ計算手順中、操作を行う必要はありません。結果は、標準座標系に統合されます。

AICON 3D studio内部で、荷重条件と無荷重条件間の変形ベクトルが計算されます。AICON 3D studioからのグラフィック出力により、結果の解釈、および要求されている測定プロトコルの生成も簡単になります。

AICON MoveInspect DPA

ポータブル式三次元測定機AICON MoveInspect DPA、小型デジタルカメラは長期の製造ダウンタイムや測定機の移動時間不要で、生産管理およびモニタリングを実施します。

 
AICON 3D Systems GmbH


Biberweg 30 C
38114 Braunschweig
ドイツ

T: +49 (0) 5 31 58 000 58
F: +49 (0) 5 31 58 000 60
 

メールでのお問い合わせ お問い合わせフォーム