歯科インプラントコンポーネント

迅速な品質および安全なプロセス制御にカスタマイズされた3Dマルチセンサー測定テクノロジー

OPTIV_M_Abutment_Blanks_1_Application_Photo_800x428px
マルチパートの骨内インプラントはアバットメントを含む小型で複雑な精密部品で構成されており、非常に厳しい寸法と許容差が要求されます。 アバットメントブランク(すなわちプレハブ構造)はカスタマイズされたアバットメントを迅速に生産するために使用され、多数のインプラントシステムと互換性をもち、組み立て式の産業モジュール形状で、歯科実験室および切削センターに納品されます。 その後、歯科実験室および切削センターは、デジタルCAD/CAMシステムを使用し個々の患者のニーズに適合するアバットメントを切削します。

エラーは一許されないためアバットメントブランク・メーカーにはマルチセンサー三次元座標測定器(CMM)を使用し、 製造したアバットメントブランクごとに文書による検査を行っています。 また、製造業では高水準の生産量を達成することが極めて重要であるため、高速のスループットと精度を兼ね備えたCMMを使用して連続測定を行っています。

HexagonのマルチセンサーCMM製品群は、白い背景に3種類の機械を表示し、DUAL Zテクノロジーとの互換性を示す矢印のついた歯車のアイコンが描かれています。 高い測定処理能力

アバットメント・ブランクメーカーにとって、迅速な検査は生産性を向上させる重要な要素であるため、Hexagonは5台のOPTIV M マルチセンサーCMMを開発し、それぞれのスループット要求に合わせて設定できるようにしました。 スループット能力パッケージを備えたOPTIV Mは、スマートセンサーとソフトウェア技術を接続し、3つのパフォーマンスレベルに基づいて測定スループットおよび生産性を増加させ、差別化の可能性を提示します: Green,、Blue、Chromeの3種類で、中でもクロームは素材に依存しない最速のスループットを実現します。

グリーンバッジ





2Dおよび3D測定のためのマルチセンサー・ソリューション

ビジョンセンサーは、高解像度と高ポイント密度により、バックライトやトップライトで見える接続形状のすべてのエッジ、すなわち回転防止装置の六角形の直径と全体のサイズを測定します。

AN画像を2分割したもの。左側には上部に光学センサーがあり、右側には検査を行うために使用されている計測ソフトウェア上での検査対象物が表示されています。
ビジョンセンサーを使って、接続形状の目に見えるエッジを測定します。

アバットメントブランクを検査する際には、機能表面の幾何学的な位置関係(平行性)を決定するために、個別のポイントを測定することが重要です。 スループット能力パッケージを備えたOPTIV M Greenは、メーカーに、単一のポイントのモードの中で使用されるHP-TMタッチ・トリガー・プローブあるいはレーザー三角測量センサー(OPTIV LTS)の選択肢を提供します。 また、OPTIV M Greenにスループット機能パッケージを搭載することで、タッチトリガープローブを用いて、定義された基準面に対するスクリューチャネルの位置を確実に測定することができます。
アバットメントブランクを示すために2つに分割した画像。左側はブランクを検査するタッチトリガープローブ、右側はブランクのクローズアップとその後ろに貼られた黄色い警告ステッカー。
三次元位置偏差評価は、HP-TMタッチ・トリガー・プローブあるいはレーザー三角測量センサー(OPTIV LTS)を使用して、個別のポイントを測定することにより行われます。
Hexagon_MI_OPTIV_M_EPS_Blue_Badge_670x200px
拡張されたスキャン機能により、素早く形状やプロファイルを測定

OPTIV M Blueは、スループット能力パッケージを備え、スクリュー・チャネルのフォーム偏差決定でHP-S-X1タクタイルスキャンプローブを使用することにより、スループットを向上させます。 HP - S - X1 タクタイルスキャニングプローブは、 毎秒最大1000ポイントの測定速度を誇り、タッチトリガープローブに比べて速度面で大きな優位性を持っています。

Hexagon_MI_OPTIV_M_Abutment_Blanks_HPSX1_1_Application_Photo_800x428pxスクリュー・チャネルの形状偏差は、PSX1 スキャニングプローブを使った接触式スキャンによって決定されます。

パッケージは、さらに、最も高い精度が必要な場合に、HP-S-X1スキャンプローブに切り替え、レーザー三角測量センサー(OPTIV LTS)スキャン機能を展開させ、複数の機能的な表面の表層形式偏差(平坦度)を測定できます。

複数の機能的な表面の平坦度はレーザー三角測量センサー(OPTIV LTS)を使用したスキャンで決定されます。

複数の機能的な表面の平坦度はレーザー三角測量センサー(OPTIV LTS)を使用したスキャンで決定されます。 より高い精度が必要な場合、HP-S-X1のスキャニングプローブはこうした測定タスクを解決できます。
 
クロムバッジ





素材に依存しない、高解像度の表面計測

スループット機能パッケージを搭載したOPTIV M Chromeは、Hexagonのクロマティック・コンフォーカル・ホワイトライトセンサー(CWS)を導入し、最高レベルのスループットを実現しています。 CWSは大部分は表面と無関係に作動し、反射プレハブ構造材料でも、非常に測定不確実性が低い高解像度測定を可能にします。 最も高い許容差要求を満たし、最大速度で表面をスキャンできます。 さらに、CWSは、傾いた表面、およびプレハブ構造の険しい(±45°までの角度の許容)フランクでも正確に速く測定ができます。

Web_Single_Pod_Right_Rail-Hexagon_MI_OPTIV_M_Abutment_Blanks_CWS_1_Application_Photo_800x428pxクロマティック・ホワイトライトセンサー(CWS)は非常に測定不確実性が低く、反射するプレハブ構造表面を高速に測定します。 CWSは、±45°までの角度の傾いた表面および険しいフランクに有効な測定結果を保証します。

Hexagon_MI_OPTIV_Dual_Z_Icon_600x600pxさらに、OPTIV Dual-Zテクノロジー を装備したOPTIV-M CMMは、測定範囲から非アクティブなセンサーを移動させることにより、ワークピース上の測定位置への最適のアクセシビリティを達成します。 これは、要求されるプローブ交換の数を減らせるため、結果として、さらにバッチ測定スループットを向上させます。

マルチセンサー技術でスピードアップ

OPTIV M CMMのマルチセンサー・テクノロジーは、画像プロセシング・センサー、光学距離センサーおよび触覚センサーを簡単に使用でき、単一の検査サイクルでプレハブ構造の形状特性をすべてキャプチャします。 また、オペレーターは、複数の単一目的の測定器を切り替える必要がないため、ワークの完全な寸法分析と統計的工程管理のための測定点を非常に短時間で収集することができま。

生産に近い状態の測定で時間を短縮

測定データの捕獲および評価により、直接生産ライン上で迅速なプロセス制御が可能になり、迅速な対応でスクラップの縮小が可能になります。 OPTIV Mは、生産環境中の測長機オートメーション統合およびネットワーキンクのスマートテクノロジーを組み合わせています。

統計的工程管理(SPC)、ゲージ・ケイパビリティ、プロセス・ケイパビリティ

OPTIV M CMMはQ-DAS統計解析ソフトウェアへ標準化データインターフェース(AQDEF)で測定データ移転します。 Q-DAS O-QISソフトウェアは、リアルタイム測定データを視覚化し、統計的にモニターします。 SPCアラーム基準のしきい値超えの場合には、CMMオペレーターに系統的に通知され、高価なスクラップが発生する前に是正措置をとることにより製造工程に介入できます。

生産の間にアバットメントブランクの100%を検査することは、重要な製品特性への持続可能なコンプライアンスを保証します。 OPTIV M CMMが最適な測定結果を達成できることの確信はQ-DAS solara.MPソフトウェアによって提供され、統計的測定分析を行ない、測定システム能力(能力インデックスCgおよびCgk)を保証しています。

工程能力(能力インデックスCpおよびCpk)の保証はQ-DAS qs-STATソフトウェアを使用して提供されます。 これらの分析は、さまざまな生産機、プレハブ構造バッチおよび温度により大きな影響を持ちます。 Q-DAS qs-STATは明確にこれらの影響を視覚化し、評価し、改善およびコスト削減ポテンシャルを引き出します。
 
Web_Single_Pod_Right_Rail-Hexagon_MI_Q-DAS_O-QIS_1_Software_Screenshot_800x428px
Q-DAS統計分析ソフトウェア: Q-DAS O-QISソフトウェアは、生産の間にアバットメントブランクの検査のリアルタイム視覚表示およびSPCアラーム監視を実行できます。
 
Web_Single_Pod_Right_Rail-Hexagon_MI_PC-DMIS_Inspect_Pallet_2_Software_Screenshot_3831x2149pxPC-DMISインスペクト・パレットで、CMMオペレーターは、あらかじめ定められたPC-DMISパレット用測定ルーチン、を迅速かつ容易に構成できます。 パレット実行中に、測定ブランクの寸法精度がシンプルな合格/不合格アイコンで表示されます。
 
パレットの自動計測

パレットを使用して測定手順を自動化することで、生産現場により近い場所で、品質管理をより効率的に行うことができます。 パレットは、機械から遠ざけて準備することができ、これによって、セットアップと関連するCMM休止時間を短縮します。 さらに、自動測定サイクルは、オペレータ介入なしでより大きなバッチをより速く測定できます。

PC-DMIS Inspect は、生産レベルCMMオペレーターに、対話型のGUIを搭載し、あらかじめ定義されたPC-DMIS測定ルーチンをパレット実行に選択しセットアップできます。 直観的なソフトウェアは、アラインメント、取付け具パターン、オフセットおよび実行パラメータなどパレット・パラメータの迅速な定義を可能にします。 その後、確認済みパレットは、再リファレンス校正の必要なく数秒で交換できます。

規格に準拠したプロセス検証

アバットメントブランクの質は電子記録と署名の要件を定義する、全国および国際基準にしたがい、シームレスに文書化し、また改ざんを防ぐものでなければなりません。 Q-DAS統計分析ソフトウェアは、アメリカの21 CFR パート11およびヨーロッパのGMPガイドライン添付11の標準の確認要件に従います。

PC-DMISProtect は、以前の測定ルーチンの変更を追跡することにより、プロセス・コンプライアンスを目指す品質マネージャーをサポートします。 ソフトウェアは役割ベースのコンセプトを追求しています。 プログラマーは測定ルーチンの証明を行い、さらに、いつでも修正することができます。 保護された測定ルーチンへの改変は追跡され、保護ログ・ビュアーに時系列表示されます。 これは、生産環境で既にリリースされた保証測定ルーチンの監査を単純化できます。 オペレーターの役割を割り当てられたユーザーのみ保証された測定ルーチンを実行することができます。

Hexagonの PC-DMIS Protect 計測ソフトウェアをコンピュータ画面に表示

PC-DMIS保護で、測定ルーチン変更許可は、認可されたグループのみに制限することができます。 以前に承認された、つまり保護済みの測定ルーチンに行われた変更は追跡されます。

Dental Implant Components

Related Case Studies

See how companies like yours are working with Hexagon Manufacturing Intelligence

Dental Implant Components