自動車の複合材料

車両製造における複合材料の使用の推進要因

スーパーカーメーカーからフォーミュラワン・レーシングチームに至るまで、複合材料をハイエンドの車両に統合することに精通している自動車メーカーが幅広く存在します。多くのメーカーは現在、この技術を消費者向け車両のラインアップに移行しています。

BMW

ドイツのメーカーである BMW は、複合材料の世界、特に大量のカーボンファイバー部品の生産において主導的な役割を果たしてきました。軽量の BMW i3 および i8 ライフモジュールのキャビン全体は、150 のカーボンファイバー複合材料コンポーネントで作られています。これにより、従来の生産時間を半減するだけでなく、スチールと比較して50%、アルミニウムと比較して30%の重量削減が可能になりました。

参照: BMW

さらに顕著なことに、BMW は 7 シリーズで世界初の大量カーボン複合材生産ラインも開設しました。i-Series モデルの製造で学んだことを使用して、BMW 7 シリーズの新しいカーボンコアは 130 キログラムの軽量化を可能にしています。

参照: BMW

ポールスター/ボルボ

Volvo Car Group の高性能ロードカーブランドである Polestar 1 は、最大の剛性、ねじれ剛性、および軽さを実現するために、大部分がカーボンファイバー強化プラスチック (CFRP) で構築されています。

軽量の複合材料は、自動車に3つの重要な利点をもたらします: 230 キログラムの大幅な重量削減。 ねじり剛性の 45% 増加。 重心を低くして、操作性、パフォーマンス、運転性を向上させます。

参照: https://www.polestar.com/news/polestar-the-perfect-balance

 

Our solutions

Explore Hexagon’s solutions for composite material inspection

APODIUS Vision System 2D

The APODIUS Vision System 2D is the market-leading standalone optical measuring solution specifically developed for local two-dimensional fibre-orientation measurement.

APODIUS Vision System 3D

完成前のカーボンファイバー複合材料部品のポータブルな検査および分析のための革新的なソリューション。

APODIUS ContInspect

製造プロセスに組み込まれた複合材料用のモジュール式検査システム。

APODIUS AFP 検査システム

高速のプロセス速度と、レイアップヘッドと金型間のスペースが限られている複雑な形状用に設計されたプライ・バイ・プライのオンライン検査システムです。

HxGN LIVE

年に一度開催されるヘキサゴン国際会議HxGN LIVEで革新的なキーノート、世界中に広がるネットワーク、必見の最新テクノロジー等をご体感下さい

複合材料検査について

高解像度カメラベースの測定と分析は、複合材料の生産における強度と一貫性の鍵を握っています。

パンフレットをダウンロード

完全な複合検査ソリューションのパンフレットのダウンロードはこちら