QUINDOS Reshaper

QUINDOS Reshaper

オプションのQUINDOS Reshaperは、いろいろな用途に使用できる万能ソフトウェアです。ポータブルタイプのROMER Absoluteなどの測定機の三次元測定機のCMOSレーザーセンサーが高速生成した点群の処理、分析を行うために開発されました。CT スキャナー(コンピュータ断層撮影)のデータも処理が可能です。QUINDOS Reshaperの使用で、ハードウェアの機能や、時間の制約に左右されずに、効率よく目標を達成することができます。

点群のフォーマットで測定された部品の表面は、3Dreshaperソフトウェアで、デジタル部品に変換されます。これにより、実際のパーツの非常に正確なイメージが作成されます。デジタル部品上でポイントを選択することにより、測定ポイントがインポート用に選択されます。3DReshaper は現実のポイントを提供します。QUINDOS Reshaperは、接続したCMMが測定ポイントを取得するのと同じやり方で、測定ポイントを処理します。QUINDOSが対応するすべての分析オプションが入手可能です。存在する測定プログラムはバーチャルコンポーネント上で実行できます。QUINDOS Reshaperによって、QUINDOSにローディングされているCADモデルにポイントを生成されるようにします。3DReshaperが生成したモデル上の対応する実際のポイントを見つけて移動させます。
お客様について
貴社について
QUINDOS Reshaperの際立つ機能は:
  • 部品を高速でデジタル化
  • 機器を選ばない品質管理:測定と分析プロセスは、異なる時間と場所で実行
  • 現状の QUINDOS 測定プログラムを使用
  • シングルポイントプロービングから、スキャニングまで、QUINDOS内蔵のすべての測定機能に対応
  • モデルに便利なスキャンラインの生成
  • 詳細を保持したリアルタイムの点群のインポート
  • 高性能で、簡単操作の点群処理
  • 使い易いアライメント機能
  • 3D の設定/実測の比較
  • グラフィックフォーマットによる、使いやすく役に立つレポート
Case Study: Messtronik GmbH, St. Georgen, Germany
BP Riduttori - Mellaredo di Pianiga Case Study
Daimler LMZ Case Study
Case Study: General Motors Powertrain - Uzbekistan
Case Study: Thöni Manufacturing

Software Downloads

Visit our dedicated Software Portal to access support documents and downloads of our latest software.