QUINDOS CAD

QUINDOS – 座標測定ソフトウェア

QUINDOS 7 は、表示、ズーム、移動、3Dの回転部品ができるCADコアを特長としています。この機能は現状のCADモデル用に可能だけでなく、通常の学習モードでの測定ポイントや結果要素用にも利用できます。QUINDOSは、CATIA, Unigrafic(UG), PRO/Engineer(Pro/E)のインターフェイスも提供します。
 

QUINDOS CAD ベース
CADデータファイルに基づく部品プログラミング。標準的なフィーチャーのIGES、STEP と BREP フォーマットでの3Dモデルのインポートとエクスポート。ズーム、パニング、ローテーションの3D表示。フィーチャーのプロービングポイントを生成。

QUINDOS CAD Surfaces
公称ポイントの生成(例スキャニング、測定値と公称値の比較)用の補助ライン(平面、円筒、表面、あるいは、ボーダーオフセットラインと交差)の作成。対話によるグラフィック評価2D曲線や3Dサーフェスのグラフィカルな評価(公称/実測の比較)

QUINDOS CATIA V5 インターフェイス
CATIA V5から直接データ転送、STEP, IGES や BREP フォーマットへの変換が不要。

QUINDOS CATIA V4 インターフェイス
CATIA V4から直接データ転送、STEP, IGES や BREP フォーマットへの変換が不要。

QUINDOS UG Interface
UNIGRAPHICから直接データ転送、STEP, IGES や BREP フォーマットへの変換が不要。

QUINDOS Pro/E Interface
Direct data transfer from Pro/Eから直接データ転送。STEP, IGES や BREP フォーマットへの変換が不要。

お客様について
貴社について
Daimler LMZ Case Study
MTU Aero Engines - Munich
Case Study BMT Aerospace - Oostkamp
Case Study General Motors Powertrain - Uzbekistan
Case Study Thoeni Manufacturing
Case Study Ingersoll Werkzeuge GmbH
Case Study Gruenewald - Graevenwiesbach

Software Downloads

Visit our dedicated Software Portal to access support documents and downloads of our latest software.