PC-DMIS 2020 R2の新機能

PC-DMISの最新バージョンを使用して、測定器を最大限に活用

PC-DMIS 2020 R2は、座標測定機(CMM)からポータブルアーム、スキャナーまで、さまざまなタイプの計測機器に対応する、世界をリードするHexagonの寸法測定ソフトウェアパッケージの最新リリースです。

PC-DMIS 2020 R2

PC-DMIS の最新バージョンは、測定に革命をもたらします。今回の最新リリースでは、多くの新機能が追加されていますが、私たちが最も期待しているのは、新しい HxGN SFx |アセットマネジメントソリューションとの統合と、最新の AMSE および ISO 規格に準拠した新しいGeometric Tolerance Commandです。
 
SFx Asset Management integration

PC-DMIS 2020 R2は、Hexagon SFx|アセットマネジメントソリューションと統合され、測定器が単一の現場にあるか、世界中の複数の工場にあるかにかかわらず、集中化された安全でユーザーフレンドリーなダッシュボードを介して、主要な資産のパフォーマンスをシンプルかつ正確に監視・分析する方法を提供します。測定データは収集され、ウェブ上でホストされているため、モバイルデバイスのブラウザからアクセスすることができます。これにより、品質管理者は、測定器や測定データがどのように効率的に使用されているか、ダウンタイムやイベントの通知を即座に確認することができます。これにより、リアルタイムでデータに基づいた意思決定を行うことができます。ルーチン詳細ビューでは、プロセス情報、ルーチン測定結果、ルーチン履歴など、特定のルーチンの詳細ビューをドリルダウンすることができます。またPC-DMISユーザーは、ソフトウェア保守契約(SMA)期間内であれば全ての測定器の特定のルーチン(開始/完了/一時停止/キャンセル/エラー/ディメンション失敗)に関するイベント通知を即座に受け取ることができます。イベントは、後で分析するためにログに記録されます。


Geometric Tolerance Commandは、ASME Y14.5 - 2018、ISO 1101 - 2017をサポートする弊社の新しい「ルールベース」GD&Tライブラリであり、現行のXactMeasureライブラリよりも多くの改良と拡張機能を提供します。2018年には、Y14.5.1 - 2019に準拠した機械的データムシミュレータまたは「真の幾何学的な対応要素」を表す単一のデータムフィーチャの数学的定義を提供するために、データムフィーチャのY14.5の定義が改訂されました。この新しい定義は、機械的検査方法と座標測定システムからのデジタルデータとの間の相関性を改良し、部品が組み立てられた状態でどのように適合し、機能するかをより正確に表します。PC-DMISは、ASME Y14.5 - 2018およびISO 1101 - 2017をサポートする最初のソフトウェア製品の1つとなり、メーカーが自信を持って新しい設計仕様の要求を効率的に満たすことを可能にします。このソフトウェアの新しいエラーチェックは、仕様がASMEまたはISO規格に準拠していることを保証し、図面エラーの特定と修正を支援するために、無効なコールアウトには警告メッセージでお知らせします。また、新しいGD&Tライブラリは、現在のASMEおよびISO MBD規格に準拠したモデルベース定義(MBD)もサポートしています。


PC-DMIS 2020 R2には30以上の新機能と改良点があります。その他のハイライトは以下の通りです。

  • 新機能:3D PDF - この柔軟なレポート作成機能は、アイデアセンターを通じてお客様からの第一のリクエストでした。この機能が実装されたことで、レポートの作成が簡素化され、何を印刷するかの推測作業が不要になります。
  • 改良点:ポイントクラウドセレクト オペレーター:
    ポイントクラウドセレクト オペレーターが強化され、ポイントクラウドデータを使用して作業する際に、よりクリーンな方法で正しいポイントを選択できるようになりました。
  •  改良点:キャプチャ V3 からの GD&T 選択
    この画期的な機能では、ワークフローの簡素化とさらなる効率化を目指した改良が重ねられています。
  • 任意の範囲を設定して機械パラメータをコントロールできます。

PC-DMISは非常に柔軟性が高く、広く採用されている測定ソフトウェアです。PC-DMISはHexagon Manufacturing Intelligence部門のすべての測定機器に標準装備されています。また、他のほとんどの計測機器メーカーの機械にもレトロフィットパッケージとして提供されており、Hexagon以外の機器のユーザーもPC-DMISの技術を利用することができます。

2020 R2リリースで導入されたその他の新機能、機能、改良点については、「機能と利点」をクリックしてください。
 
最新の機能を利用、最新のアップデートをダウンロード、メンテナンスアップデートを継続してご利用いただくために、現行のソフトウェア保守契約(SMA)のご購入をお勧めします。また、SMAは、継続的な技術サポートとサービスへのアクセスを提供します。

お客様について
貴社について

New: 3D PDF 

この柔軟なレポート機能は、アイデアセンターを通じてお客様からの第一のリクエストでした。現在、品質エンジニアは、すべての情報が表示されていることを確認しようとすると、レポートの読者のために様々な部品の向きを示すレポートの多数のページを印刷する必要があります。これは時間がかかり面倒な作業です。3D PDFを使用すると、エンジニアはレポートを簡単にデジタルで共有することができ、どのユーザーもパーツを回転させて重要な情報にアクセスすることができます。


改良点:ポイントクラウドセレクトオペレーター
Pointcloud SELECT機能が更新され、ポイントクラウドデータを扱う際の選択と視覚的な機能が強化されました。ツールが拡張され、新しいメッシュSELECT機能とRESET機能が追加されました。

  • Pointcloud SELECTには、4つの選択方法:ボックス、円、球、多角形があります。
  • 選択した後は、ボックス、円、球、多角形をクリックしてドラッグすることで、形状/サイズを変更することができます。あるいは多角形の制御点をクリックしてドラッグします。
  • 中央のコントロールポイントをクリックしてドラッグすると選択範囲の位置が移動します。The box selection can be rotated by clicking and dragging a corner. 
  • ボックスの選択範囲は、角をクリックしてドラッグすることで回転させることができます。

デフォルトでは選択範囲は 3D で、 ビューの法線上のデータを横切っています。中心の深さの端点をクリックしてドラッグすると、選択範囲の深さをコントロールできます。ポイントクラウドやメッシュのどの点が選択されているかを識別するのに役立つように、選択されたデータが強調表示されます。

ポイントクラウドとポリゴンメッシュ選択をダブルクリックで素早く閉じることができます。
 
ポイントクラウドとメッシュの選択に新しい「表面のみ」オプションが追加されました。これにより、選択ビューで正面を向いている点のみを選択できるようになりました。このチェックボックスを無効にすると、PC-DMISは表向きと裏向きの両方のビューにある点を選択します。
 
ポリゴン選択範囲の内側または外側にある三角形を厳密に選択できるメッシュセレクト機能が追加されました。メッシュセレクトはポリゴン方式を採用しています。上記のようにサイズの変更、移動、選択深度の変更が可能です。正面向きオプションにも対応しています。
 
新しいMesh RESETコマンドは、メッシュデータオブジェクトを元の状態に復元します(すべてのMesh Select操作の元に戻すのと似ています)。



改良点:キャプチャV3からのGD&T選択

2019年、R1 PC-DMISは、OCR技術を使用してGD&Tデータを測定プログラムにインポートするプロセスを自動化する画期的な「GD&T Selection from Capture」を導入しました。このバージョンでは、ユーザーの効率性を向上させることに重点が置かれています。OCR エンジンが一新され、OCR 認識プロセスが劇的に高速化されました。UXはシングルモニターユーザー向けに最適化され、機能を通じたワークフローがより柔軟になり、ユーザーは必要に応じて好きなページにジャンプして要素を順番に処理できるようになりました。

New:レーザーストライプ間隔で機械の速度を設定
ユーザーが任意の範囲を設定することで、機械のパラメータをコントロールできます。レーザーストライプ間の距離を使用して機械速度を設定できるようになり、より直感的にルーチンを作成できるようになりました。この機能はオフラインのレーザープログラマーの時間を節約し、新しいレーザーユーザーに直感的なアプローチを提供します。

パラメータ設定ダイアログのモーションタブに新しい「LaserStripeSpacing」パラメータが追加されました。これにより、ユーザーはレーザースキャンの速度をストライプ間の距離として定義することができ、「スキャン速度」パラメータを使用する代わりに使用することができます。新しい「LaserStripeSpacing」コマンドが存在する場合、それ以降のコマンドはこの間隔を使用してレーザースキャン速度を決定します

また、以下を含む30以上の新機能と改良点があります:

  • アクティブなカラーマップを表示
  • レーザープロファイルコマンド
  • 非線形コロマップスケール
  • メッシュ選択とリセットコマンド
  • レーザーフィーチャのための平面選択
     

オペレーティングシステム

動作します。その他のオペレーティングシステムはサポートされていません。

  • サードパーティ製ドライバを使用する場合は、オペレーティング・システムの互換性を確認するために、最寄りのManufacturing Intelligenceの担当者にお問い合わせください。
  • 仮想マシン(VM)内でのPC-DMISの実行は、VMがOpenGL 3以上をサポートしている場合にのみサポートされます
  • PC-DMIS Visionマシンは64ビットWindows 8をサポートしていません。Matrox Frame grabber PC-DMIS Vision ハードウェアコンポーネントは、64ビットオペレーティングシステムをサポートしていません。

Microsoft .NET Framework  

Windows用のMicrosoft .NET Framework 4.6.1をお持ちでない場合は、PC-DMISのインストーラがインストールしてくれます。

RAM  

4GB以上のRAM

  • CADデータファイルのサイズと使用されるテッセレーション乗算値は、必要なメモリ量に影響します。これらは両方とも、モデルを表示するのに必要なテッセレーションされたファセットの数に影響します。使用するテッセレーション乗数が小さいほど、ファセットに必要なメモリ量が多くなります。大規模なCADモデルでは、これにより「メモリ切れ」エラーが発生する可能性があります。この場合、現在のPC-DMISセッションは不安定な状態のままになり、終了する必要があります。
  • テッセレーション乗数のデフォルト値は1.0です。テッセレーション乗数を0.1に設定すると、デフォルト値の1.0よりも必要なメモリが10~20%増加します。テッセレーション・マルチプライヤーの値を0.01に下げると、必要なメモリがさらに50~65%増加します。

1 GB のビデオ RAM
 
CPU  

2GHz以上のクアッドコアプロセッサ 
 
グラフィックス 

以下の推奨最小値を満たしているか、それ以上のグラフィックカード:

  • GPUメモリ 2GB DDR3*搭載
  • メモリ帯域幅 29.0 GB/s
  • CUDA Cores 384 
  • Open GL 3.0

 * RS4レーザーセンサー以降のモデルでは、4GB以上のDDR3を搭載したGPUが必要です。

グラフィックスドライバがOpenGL 3.0以上に対応している必要があります。ドライバがOpenGL 3.0に対応していない場合や、3年以上前のものを使用している場合は、PC-DMISの起動時に警告メッセージが表示されます。

ハードドライブ 

2GBのハードディスクの空き容量に加え、使用する最大CADファイルの8倍の仮想メモリを割り当てることができます。
SSDドライブ、HDD 10K、またはRAID 0モード(高性能ハードディスクドライブ)のディスク2台。

ディスプレイ 

画面解像度は1280×1024以上。

接続

  • 2 つのイーサネットポート。これは、コントローラ通信に 1 つのポート、イントラネット/インターネット通信に 1 つのポートが必要な CMM システムなど、地域のニーズを考慮して、特定のインストールで必要になる場合があります。 
  • ポート×2
  • 適切に設定された LMS ライセンスまたは HASP キー (物理的な USB ポートロック) 

注意: HASPキーは汎用データストレージとしては機能しませんので、HASPキーを使用してコンピュータから任意のデータを保存(ダウンロード)することはできません。同様に、HASP キーを使用して任意のデータをコンピュータに置く(アップロードする)ことはできません。また、HexagonアプリケーションのみがHASPキーの読み取りまたは書き込みを行うことができ、他のアプリケーションにはこの機能がありません。その結果、HASP キーを使用してコンピュータにデータをロードしたり、コンピュータからデータをアンロードしたりすることはできません。

ブラウザ

Internet Explorer 10以降
 
Anti-virus software  

Hexagonは Sophos のアンチウイルスツールを使用して、PC-DMIS 2020 R2をテストしていますが、他のアンチウイルスツールについては確認する必要があります。

RS-232 通信を使用した三次元座標測定機のソリューション

新規または既存のコンピュータに PC-DMIS 2020 R2 をインストールしているが、RS-232 通信を使用する古い CMM モデルを使用している場合は、以下のいずれかのソリューションをコンピュータにインストールする必要があります。

  • 外部 RS-232 シリアル-USB アダプタケーブルとシリアル-USB アダプタケーブルドライバ
  • シリアルポートを備えた内蔵シリアルアダプタカード
PC-DMIS最新バージョンのダウンロード

HxGN LIVE

年に一度開催されるヘキサゴン国際会議HxGN LIVEで革新的なキーノート、世界中に広がるネットワーク、必見の最新テクノロジー等をご体感下さい