航空宇宙産業での形状表面測定

航空宇宙産業での段差、隙間、皿穴、機体外板検査ソリューション

航空宇宙産業は変革の時期にあります。飛行機は軽量化、高速化が進み、そのための一層高度な機体構成部品や、組立手法が開発されつつあります。このような開発にもかかわらず、多くの品質検査は、未だに、機械的な検査治具や金属ゲージによって行われています。

Hexagon社のNEXTSENSE CALIPRIテクノロジーとハンディタイプの光学形状測定ソリューションは、航空宇宙メーカーの求める、業界基準に沿ったギャップ、段差、皿穴検査といった重要課題に対応します。オペレーターに影響される検査手法を、こうした使い勝手の良いソリューションに置き換えることで、航空宇宙産業の組立工程で、作業者のいかんにかかわらず、測定結果が繰り返し可能となり、大幅な時間短縮、精度、生産性の向上につながります。

HxGN LIVE

年に一度開催されるヘキサゴン国際会議HxGN LIVEで革新的なキーノート、世界中に広がるネットワーク、必見の最新テクノロジー等をご体感下さい

Related Case Studies

See how companies like yours are working with Hexagon Manufacturing Intelligence