APODIUS Vision System 2D

カーボンファイバー配向検査向けスタンドアロンソリューション

APODIUS Vision System 2D は、2 次元ファイバー配向測定用に特化して開発された、市場をリードするスタンドアロン光学測定ソリューションです。

部品の表面のテクスチャに関する情報は、高解像度の光学センサーによってキャプチャされます。テクスチャを記録した未処理の画像データを評価することによって、最大 3 つのファイバー配向を、わずか 10 分の1 度の測定解像度内で確実に決定することができます。

APODIUS-2D-red-lightカスタム構築の APODIUS Explorer 2D ソフトウェアプラットフォームが、センサーによって収集された高精細画像の即時処理と、完全な測定出力処理および自動レポート生成を組み合わせます。測定がプログラム内でリアルタイムで直接視覚化され、ユーザーをプロセスに沿ってガイドします。さまざまなデータ出力およびエクスポート形式により、測定後のさらなる分析および文書化が容易になります。

APODIUS Vision System 2D は、業界標準の MSA および VDA 5に 従って実証済みの製造リリースで有効なファイバー配向測定を可能にします。また、製造工程能力の評価など、複合部品の承認に必要な統計的工程管理も行います。

APODIUS 2D は、完全自動インラインとオフライン品質保証の両方の認定を受けており、ウェットおよび硬化した部品に加えて、編組、織布、非捲縮およびカスタマイズドライファブリックを含むさまざまな材料の単層固有の実際値と目標値の比較が可能です。
 

APODIUS Vision System 2D

お客様について
貴社について
迅速な品質保証
コンポジット製造における品質管理のための高速ファイバー配向分析によって、APODIUS Vision System 2D を使用してエラーを迅速に識別し修正することができます。

測定の精度
信頼性と再現性の向上は、定規とゲージを使用して手作業で行われる従来の検査プロセスと比較して、無駄が少ないことを意味します。

APODIUS-2D-Braiding設置オプション
オフライン検査のセットアップに加えて、完全に統合されたインラインの設置オプションが、自動化の効率向上を可能にします。

直接の比較
単層固有の実際値と目標値の比較により、APODIUS Explorer 2D 内の配向エラーが明確に表示されます。

さまざまな表面に対応
APODIUS 2D は、ドライ、ウェット、硬化した部品、半完成部品、すべてに適合しており、特定の用途に適した製造工程の段階で管理することができます。

測定出力
即時画像処理に続く、自動測定出力処理とレポート作成により、トータルな文書化とトレーサビリティを実現します。
APODIUS Vision System 2D Brochure

HxGN LIVE

年に一度開催されるヘキサゴン国際会議HxGN LIVEで革新的なキーノート、世界中に広がるネットワーク、必見の最新テクノロジー等をご体感下さい