EngineWatch

車両試験でのエンジン挙動に対する6自由度測定

EngineWatch

EngineWatchでエンジン運動の6次元の測定を行います。システムは、テスト軌道とテスト台の両方に使用されます。動的テストはいっそう効率化されるだけでなく、測定は機械的なシステムよりもはるかに精度が向上します。

エンジンルームの上に取り付けられた、高速カメラは、エンジンブロックに直接焦点を合わせます。カメラは、高解像度CMOSセンサーや一体型の高性能フラッシュ、画像分析器を装備。500Hzの最大解像度で、カメラは、2-3マイクロ秒の超高速シャッターが特長です。システムは、堅牢で長期に安定、長時間のテストに欠かせません。

測定原理は、ふたつの固体の相対的な動きの検知に基づきます。リファレンスターゲットは、エンジンブロックと車体の上に設置されますので、カメラは同時に両方のターゲットに焦点を合わせます。

システムの設定と校正は、30分以下で完了します。システム自身が継続的にリファレンスターゲットを使用して参照するので、エンジンルームに関係するカメラ位置は一定している必要はありません。カメラの動きも測定結果に影響を及ぼしません。

測定画像は、センサーで分析されます。よって、全体の画像でなくデジタルデータのみが、リアルタイムでノートコンピュータに転送されます。EngineWatchは、XYZの測定点の位置と回転角度(アルファ、ベータ、ガンマ)を車輛座標軸システムでの絶対値として計算します。結果の提示に経路-時間図表が、車輛座標軸システムにおけるXYZ移動を表示して作成されます。CADシステムでの測定移動量を視覚化するため、測定結果は、インタフェースを経由して、ポストプロセスのソフトウェアにエクスポートが可能です。

お客様について
貴社について
  • 短い設定時間
  • 高精度 
  • センサーとエンジンブロック間の機械的接続なし 
  • カメラマウントは高安定性の必要なし
  • 車両試験適用だけでなく、その他の物体の動作解析にも高速カメラの利用が可能
  • 他の静的/動的測定作業にも拡張可能

装置コンポーネント:

  • 高速カメラ
  • 1~4台のカメラ(カスケード接続可)用同期ボックス
  • EngineWatchソフトウェアインストール済みノート型コンピュータ
  • コード(ANCOコード)付きマーカー(ANCOコード)1セット
  • 磁石型コード付きマーカー50個
  • 運搬用ケース付き校正パネル

 
技術仕様:

オペレーティングシステム Microsoft© Windows© 7 (64 Bit)
電源装置 テスト走行:12ボルト車両電源系試験ステーション:90~240ボルト
最大取得周波数 500 Hz
同期化 D2 mAループ/TTLクロック&イネーブルIN/OUT
EngineWatchデータセット X、Y、Z、アルファ、ベータ、ガンマ、写真数、タイムスタンプ(ASCII形式)
測定量(X、Y、Z) 1,000 x 1,000 x 500 mm
精度XYZ/角度精度 ± 0.1 mm / ± 0.015°

技術データは予告なしに変更されます。

Vehicle Dynamics Testing Brochure

お客様の声

システムが作業ルーチンや生産プロセスへ貢献する、光学測定における特長の紹介