AICON MoveInspect HF4

3Dモーション解析・動的試験

カメラ式ポータブル三次元測定器AICON MoveInspect HF4は、移動や変形などの動的プロセスを三次元で取得し、幾何形状変化を解析します。システムは高頻度で時間制限無くあらゆる測定ポイントを記録します。

 クランプ箇所や厳しい環境条件下であっても、AICON MoveInspect HF4は正確かつ信頼性の高い測定結果を提供します。コンパクト設計と保護等級IP65ハウジングにより、屋外での測定にも適応します。さらに、アスファルトサンプルなどチャンバー環境試験でも使用でき、作業時間を最少化します。

3Dモーション解析・動的試験

2台の高解像度デジタルカメラをカメラバーに取り付け、最大周波数1,000 Hzで時間変位の無いデータを取得します。時間の各ポイントにおいて、MoveInspectソフトウェアはオブジェクトポイントの三次元座標、ソリッドボディの6-DOF座標およびスピードを含みます。計算は空間イメージ三角法の測定原理に基づき、完全自動化されています。

測定準備として、粘着式ターゲットを各測定点に配置し、全ての測定点がカメラに視認されるよう測定システムを設置します。

取得した座標データは測定解析ソフトウェアへ自動転送され、オンライン(リアルタイム)またオフライン(後から)の二つのモードで解析できます。測定画像、パスタイムダイヤグラム、ビデオシークエンスでの変位ベクトルにより、動的な測定結果はクリアに記述式で表記されます。

標準インターフェイスの使用で、AICON MoveInspect HF4は他のシステムと同期でき、動的プロセスの実行や制御をサポートします。システムは製造プロセスへ直接統合が可能なため、生産エラーは現場で検知され修正ができます。

 

お客様について
貴社について

製品特長

  • 時間的な変位、移動する測定点の3D位置とスピードを測定
  • 中央データ取得システムとの直接リンク
  • 低コストのターゲットアクセサリーにより、破壊試験での3D変形解析も可能
  • 移動量センサーなどの従来型センサーと比較して、大幅にセットアップ時間を削減
  • 変位ベクトル、経路対時間ダイアグラム、およびビデオシークエンスを含む3次元動作解析の結果の明確な視覚化

ハードウェア

 センサー  MoveInspect HF4カメラ
 解像度  4.0メガピクセル
 カメラ数
 測定タスクにより三脚に2個以上、またはカメラバーに2個
 カメラ距離
 固定または可変
 本体  カメラ本体は産業用途に適合(IP 65)
 ライト  LEDハイパワーリングライト
 取得周波数  500 Hz (フルモード)
 1,000 Hz (ROI モード)
 センサー寸法
 1,000 mm x 100 mm x 100 mm (カメラバーに取付時)
 センサー質量
 約10kg
 制御ユニット  最大4台のカメラ(カスケード接続可)用同期ボックス、外部同期、電源12Vまたは90~240V、レモコネクタ
 データ転送
 TCP/IP
 処理コンピュータ
 高性能ノート型コンピュータ
 オペレーティングシステム
 Microsoft® Windows® 7 (64 Bit)

ソフトウェア

 インターフェイス  全ての既設データ取得システムおよび3D検査ソフトウェアとのインターフェイス
 測定モード
 オフライン、オンライン、リアルタイム
 1 m³の一般的精度
 最高±0.1mm 

アクセサリー

  • 三脚
  • 高性能ノート型コンピュータ
  • 校正ツール
  • 基準クロス
  • コード付きターゲットセット(150個)、マグネットマウント75個
  • リフレクタマーカー5,000個(Ø10mm)
  • トラベルボックス、三脚バッグ

 
技術仕様は予告なしに変更される場合が有ります。

お客様の声

システムが作業ルーチンや生産プロセスへ貢献する、光学測定における特長の紹介