m&h 赤外線プロービングシステム

M&h 赤外線プローブはタッチトリガープローブです。部品の測定表面に接触すると、スタイラスがたわみ、トリガーシグナルが赤外線でレシーバーに転送されます。プローブとレシーバー間の干渉のないシグナルは、工作機械内での工程信頼性のある計測に非常に重要です。

IRP25501M

m&h 赤外線タッチプローブ IRP25.50

新型双方向プローブm&h IRP 25.50の特長はそのモジュラー構造です。多種の測定ユニット、様々な延長プローブや十文字形プローブが使用可能です。

Infrared Touch Probe IRP40.42

The infrared touch probe IRP40.42 has been specially designed for measuring sensitive materials and thin, fragile workpiece geometries within harsh machine tool environments.

IRR9150M

m&h 赤外線レシーバー IRR91.50

双方向赤外線レシーバーIRR91.50は、同じ機械上の2セットのプロービングシステムを同時に交信することができます。

IRP4050M

m&h Infrared Probe IRP40.50

超小型の赤外線プローブのIRP40.50は、径がわずか25ミリ、長さ42.4ミリで、小型マシニングセンターに適合。十分なスペースを確保することから、衝突の危険なく、Z軸上の計測ができます。

HxGN LIVE

年に一度開催されるヘキサゴン国際会議HxGN LIVEで革新的なキーノート、世界中に広がるネットワーク、必見の最新テクノロジー等をご体感下さい