クロマチックホワイトライトセンサー(CWS)

クロマチックホワイトライトセンサー(CWS)

Cws_Application-M
クロマチックホワイトライトセンサー(CWS)は、効率性の高いスキャニングセンサーです。共焦点の測定原理に基づき、波長を距離へ変換します。この技術は、距離の測定を実行するために、波長に応じて白色光を変えて屈折する特殊レンズを使用します。従って、システムの解像度は検査部品の測定面から、反射した光の強度によって異なります。

さらにクロマチックホワイトライトセンサ(CWS)は、様々タイプの自由形状の表面をデジタル化するのに、特に適しています。ガラスやレンズの厚さを計測や、微小な形状を捉えるために使用することも可能です。

クロマチックホワイトライトセンサ(CWS)は、10nmまでの垂直解像度と毎秒最大1000ポイントのスキャン率を達成しています。

クロマチックホワイトライトセンサーは下記の課題解決に理想的な選択です。

  • 微小形状の取得用
  • 光沢のある表面のデジタル化 (例 ガラス、磨かれた金属)
  • 透明材料のデジタル化

CWSの用途例:

  • マイクロレンズ 
  • ボールグリッドアレイ (BGA)
  • 集積回路
  • 医療インプラント
お客様について
貴社について
  • 共焦点測定原理を使用した極めて剛性の高い測定を実現
  • 測定域 300 から 10 mm
  • 作業距離4.5 mm から 75 mm
  • 解像度 10 nmまで
Case Study Hitega Praezisionsmechanik

HxGN LIVE

年に一度開催されるヘキサゴン国際会議HxGN LIVEで革新的なキーノート、世界中に広がるネットワーク、必見の最新テクノロジー等をご体感下さい

Quality Assurance of Orthopaedic Implants

The development dynamic of the medical industry is nearly without parallel in any other industry. New materials, production methods, and optimised designs drive innovation...