HexagonのMSC Software買収の完了に関するお知らせ

2017年4月26日

Hexagon AB、地理的及び産業向けアプリケーション全体の生産性と品質を向上させる情報テクノロジーのリーディングカンパニーは、以前ご案内しておりますMSC Software(以下MSC)の買収を本日完了したことをお知らせ致します。MSCは米国を本拠とする、バーチャルプロダクトおよび製造プロセス開発用シミュレーションソフトウェアを含む、コンピュータ支援設計(CAE)ソリューションのリーディングプロバイダーです。本取引の完了は、現在有効な法規制上の承認及びその他慣習的条件に従っています。

本買収により、従来別々に進められて来た設計と生産のステージを繋ぐHexagonの事業を強化します。このことが生産現場で作成された実データとシミュレーションデータを統合し、生産開始前の設計段階で制限や生産課題を明らかにし、顧客の作業効率を向上します。

MSCは世界20カ国に1,200名以上の熟練したプロフェッショナルを擁しています。自動車、航空宇宙、エレクトロニクス分野等で、50年以上に渡りその強固なブランドは高い評価を受けています。

MSCはHexagonの完全子会社となり、Manufacturing Intelligence部門の下で運営されます。

要旨

  • 買収価格は8.34億米ドル、cash and debt free basis (企業価値)
  • 2016年、MSCは収益性が高く経常利益の高い割合を占める、2.3億米ドルのプロフォーマセールスを計上
  • 本買収によりHexagonのスマートコネクト工場戦略をさらに強化、製造業へ企業ソリューションを提供
  • 取引は金融機関を介した完全資金調達により、Hexagonの純借入金対EBITDA目標2.5は超過しない
  • 重複テクノロジーの減損に関連する約1000万ユーロの非現金PPA調整(購入価格割当)は2017年第一四半期の損益計算書に影響する 
  • 繰延収益(ヘアカット)の収益認識調整に関連する、約2000万~3000万ユーロは2017年の損益計算書に影響する
  • 現金取引費用、約200万ユーロは2017年第一四半期の損益計算書に影響する
  • ヘアカットを除き、MSCはHexagonの決算期に利益を計上する
 
本内容はHexagon ABがEU Market Abuse Regulationに従い公表する義務を負う内容です。2017年4月26日午後8時(CET)に、上記連絡担当者の代理人により公開目的で提出されました。

本件に関するお問い合わせ窓口は以下の通りです。

Maria Luthstrom, Investor Relations Manager, Hexagon AB, 
+46 8 601 26 27, ir@hexagon.com

Kristin Christensen, Chief Marketing Officer, Hexagon AB, 
+1 404 554 0972, media@hexagon.com

Hexagonは、センサー、ソフトウェア、自律テクノロジーのグローバルリーダーです。私たちは、産業、生産、インフラ、安全、モビリティのアプリケーションにわたり、効率、生産性、品質の向上にデータを活用します。

私たちのテクノロジーは、ますます接続され自律的になる社会と生産現場のエコシステムを定義し、スケーラブルで持続可能な未来を確実なものへします。
Hexagon (Nasdaq Stockholm: HEXA B)は世界50ヵ国に約 20,000名の従業員を持ち、売上高は約380億ユーロです。詳細はウェブサイト hexagon.com または  @HexagonAB をフォロー頂けますようお願い致します。

 

問い合わせ先

Hexagon Manufacturing Intelligence
ヘキサゴン・メトロジー株式会社(本社)
〒252-0132 神奈川県相模原市緑区橋本台 
1-15-8
Sagamihara-shi (Kanagawa-Ken)
Japan

T: +81 42 700 3500
F: +81 42 700 3511

販売・営業部門 カスタマーサービス部門