人工的大気圧の環境における測定

人工的大気圧のもとでのレーザートラッカーの使用

Leica-AT901真空で光の速度は、秒速186,000マイルです。幸い、我々は真空で暮らしていません。しかしながら、温度と気圧(大気圧)は、空気の密度に直接影響があり、その結果が光の速度です。光の速度の変化、または”大気差”は、レーザートラッカーシステムで精密計測をするには考慮すべき値です。レーザートラッカーシステムは、周囲の温度と気圧を計測する方法が装備されております。温度と気圧のゆっくりした変化は、通常測定されて補正が自動的に行われます。温度の急な変化は、普通はオペレータ感じるので気が付きます。しかし、周囲の大気圧の急な変化は、オペレータが気付かないことが多いのですが、急な気温の変化の様に、測定精度に目立った変化をもたらします。

開けっぱなしの建物では、気圧の変化は戸外の天気と同じく急ではありません。しかし、締め切った建物では、時として,“人工”気圧があります。クリーンルームは、通常は”陽圧”を保っています。よってドアが開けられると、空気が入るのでなく、外に流れ出して、部屋に塵や汚れが入るのを防ぎます。複合ショップやペンキショップでは、よく”陰圧”があります。よってドアが開くと、蒸気や煙が部屋に中に残ります。

しっかり密閉された場所は、潜在的に人工の大気圧を有しています。空調システムが、吸い込みと吹き出しのバランスが悪い場合、人工大気圧の可能性があります。ドアを開けた時、シューという音がわずかに聞こえれば、おそらく人工圧があります。多くの計測研究室が夏の間に人工の陽圧にします。理由は、研究室は多くの場合、工場の中央に建てられて、空調システムを強くして部屋を冷すからです。

問題は人工気圧というよりも、ドアが開いた時に、すぐに気圧の変化があることです。気圧の変化と屈折の指標の変化です。その時点にトラッカーで測定された場合、多大な影響を受けます。

この問題の完全な解決法はありません。熟練オペレータは、潜在的な問題に気を配り、大気圧の突然の変化が原因の測定エラーを避けるように努めなければなりません。急な気圧変化が認められれば、再度点を計測するのは良い習慣です。

Hexagon MetrologyのLaser Trackers製品は、Leica Geosystems の商標で販売されています。

問い合わせ先

Hexagon Manufacturing Intelligence
ヘキサゴン・メトロジー株式会社(本社)
〒252-0132 神奈川県相模原市緑区橋本台 
1-15-8
Sagamihara-shi (Kanagawa-Ken)
Japan

T: +81 42 700 3500
F: +81 42 700 3511

販売・営業部門 カスタマーサービス部門