メトロジー101

測定に関する基本または応用的な紹介記事「メトロジー101」により知識を深め、スキル向上にご活用下さい。

Crankshaft-Teaser

CMMでのクランクシャフト位置合わせの方法

内燃エンジン用のクランクシャフトは、ほとんどが直列のシリンダであるため三次元測定器上で整合させるには少しコツが必要です。下記のテクニックは、Global Advantageのような機上でCMM検査用のクランクシャフトの整合方法を示したものです。

HP-T-PROBE-M

CMMタッチプローブ精度のチェック方法

使用中のツールが適切に作動しているかを知るにはどうしたらいいでしょうか? ツールが金づちなら簡単です。釘が沈んでいけば、作動していることになります。CMMのようなハイテクツールならどうでしょう? CMMは複雑な機器で、損傷部分や摩耗、調整不良などが見えない多数のコンポーネントが付いています。ではどこから始めましょうか? では、金づちであると考えてシンプルに行きましょう。

How to Select a CMM

座標軸測定への案内

我々は計測器の動きの表現に座標系を使います。有名なフランスの哲学者で数学者であるルネ・デカルトにより1600年初期に発明された座標系により、他の形状と相対的に形状を位置づけることができます。

Measuring-in-Artificial-Atmosphere-Pressure-Environments

人工的大気圧の環境における測定

真空で光の速度は、秒速186,000マイルです。幸い、我々は真空で暮らしていません。しかしながら、温度と気圧(大気圧)は空気の密度に直接影響があり、その結果が光の速度です。光の速度の変化または”大気差”は、レーザートラッカーシステムで精密計測をするには考慮すべき値です。

Metrology-Automation-is-here-an-now-teaser

計測自動化の現在

産業ロボットは、日常生活の一部になっています。国際ロボット連盟(IFR)の2013年のレポートによると、2012年は過去二番目の台数のロボットを生産しました。販売された159,346台の内ほぼ70%が、米国や、日本、ドイツ、中国、韓国に納入されました。自動車や食品、化学、ゴム、プラスチック業界がロボットの受注の伸びを示した一方、金属と機械産業向けは、やや減少しました。

77-Arm-Hero-1680x885px

ポータブルアームCMMバイヤーズ・ガイド

ポータブルアームCMM(PCMM)は多くの製造企業で、重要な品質管理ツールになりました。製造現場の場所をほとんど問わないフレキシビリティで、工程内検査から大型組み立て、工作機械内まで、測定アームは生産のその場でリアルタイムの計測フィードバックをお届けします。

Reverse-Engineering

リバースエンジニアリング

リバースエンジニアリングは今ある具体的な部品から、3Dコンピュータ支援デザイン(CAD)や、コンピュータ支援製造(CAM)、コンピュータ支援エンジニアリング(CAE)、その他ソフトウェア向けに3Dのバーチャルモデルを作成する方法です。

Will-it-Scan-teaser

レーザースキャナー付きROMER Arm:スキャンが必要?

スキャンが必要? 一体化スキャナー付きROMER Absolute Armは、様々な規格外も含む部品のレーザースキャニングでその能力を試されます。ROMER Absolute armはポータブルCMMです。多様な検査や、リバースエンジニアリング、アライメント、3Dが加わる課題などを実行するため、製造および組み立て作業で使用されます。

Should you scan it

スキャンの選択

産業計測の専門家は、休む間もなくベストな部品検査方法の課題に取り組んでいます。三次元測定器(CMM)の購入検討や今ある機器の性能を評価する場合、議論は言うまでもなく、CMMを補足する付属品に行きつきます。ソリューションはいろいろありますが、それぞれに利点や欠点はつきものです。重要なのは、過剰にも不足にもならない適切なオプションを選ぶことです。

Temperature-Compensation-for-Portable-Measurement

ポータブル測定の温度補正

ポータブル測定器使用時に環境温度の影響を調節:補正が必要か? 鉄やアルミのような多くの一般的な材料への環境温度と測定している部品の温度は、注目すべき影響があります。Globalsや PMMのような大型自動CMMには、空調管理室や部品温度センサーが最高の結果のために必須なのはこの理由に他なりません。

Calibration-Teaser

校正と認証の違い

計測設備のユーザーの間で最も頻繁に混同されている二つの用語が”認証”と”校正”です。 毎年の設備の、ええっと、待てよ、必要なのは、認証いや校正だっけ? となりその違いを知らないと、混乱をきたします。多くの人が発見したように、たびたび混同されていますが、用語は相互に、交換使用できません。

CMM-Maintenance

CMMのメンテナンスの重要性

CMMを最高の状態で稼働させる簡単な方法を、Hexagon Metrology Service departmentのトレーニングマネジャーから、または当社の新しいオンライン、e-ラーニングポータルで見付けてください。

Romer-Gear-Inspection-M

多関節アームCMMの起源

ROMERアームの起源は、1970年代の初期にROMERの共同創始者であるEaton LeonardコーポレーションのHomer Eatonが開発したVector 1チューブ測定アームに遡ります。

To Scan or Not Scan

スキャンすべきか否か

点群データで部品を計測するのに、アナログ・スキャニングや3Dレーザ-スキャニング、クロマチック・ホワイトライトのような高密度スキャニングが使えるからといって、必ずしも使った方がいいのでしょうか?

CMM Stylus

CMMスタイラスとは何か?

スタイラス(stylus, styliは複数形)、それは従来タイプのCMMにせよ、測定部品と物理的に接触をするポータブル計測アームにせよ、三次元測定器のプローブについている”先端”のことを指します。

Global_Extra_M

デザイン白書:現代のCMMコンセプト

三次元測定機(CMM)は、製造された部品の正確な寸法検査を必要とするほぼ全ての産業で使用されています。今日の競争市場で、製造業者は正確で、信頼性のある、迅速で、経済的、そして作業関連に関し最高の柔軟性を発揮するCMMを求めています。

Insourcing-Quality-Control

CMMでのISO 10360規格について。

この説明は、製品の技術文書にある三次元測定機(CMM)の性能仕様に言及しています。年月を経てISO規格バージョンの変更があり、文書で使われている用語や検査方法が変わっていますので、製品文書がどの規格のバージョンに相当するかを理解することが重要です。

Leica-Absolute-Scanner-20-8

レーザースキャニングプローブについて

産業計測の状況下のレーザースキャニングは、様々に異なる目的で使用されます。ROMER7軸SI Absolute Armsは、PC-DMISソフトウェアと3Dレーザースキャナーを備えており、単一システムで全機能を正確にこなします。そのアブソリュート・エンコーダは、常にアームの位置を把握し(帰還手順を省略),ゼロGカウンターバランスは人間工学により、オペレータの手中に浮いているような感覚で操作できます。

Optiv-Classic-Metrology-101-Article

光学コンパレータについて

ここに描かれているイラストは、品質管理の研究室や工場現場の担当者には、なじみのあるものに違いありません。これは典型的な光学コンパレータの画です。このイラストから始める理由は、特筆すべき点を証明するためです。

HxGN LIVE

Hexagon’s annual international conference, HxGN LIVE, contains inspiring keynotes, unlimited networking and must-see technologies.