SpatialAnalyzer

高性能で、トレーサブルで使い易い測定および分析用のソフトウェアパッケージ。

Spatialanalyzer
高性能で、トレーサブルで使い易い測定および分析用のソフトウェアパッケージ。
SpatialAnalyzer® (SA) は高性能で、トレーサブルで使い易い測定および分析用のソフトウェアパッケージです。ヘキサゴンメトロジーのポータブルCMMの製品ラインに対応しています。
 
SAは、下記のような幅広いメリットを提供します。
  • 直感的、先進的なグラフィック環境
  • すべてのヘキサゴンメトロジーのポータブルCMMにインターフェイス接続
  • すべてのコモンCADファイルとネイティブフォーマット対応
  • 先進的な分析とプロセシングおよび、独創的アライメント技術
  • やさしいマルチ・インスツルメント・ステーションバンドリング
  • True GD&T とフィーチャーチェック
  • 多数のレポートオプション
  • 測定の不確実性を考慮した計算
  • 理想的インスツルメントネットワークを構築可能なUSMN
  • 完全なワークフローを自動化する一体化 Modern Scripting 言語
  • 多言語サポート
  • SA ジョブファイルを簡単にシェアするフリーSA ビユアー

 

お客様について
貴社について
Measure
レーザートラッカー、レーザーステーション、テオドライトとアクセサリーにSAインターフェイス接続、必要であれば同時接続も可能。開始から終了まですべてのデータに100%追跡可能ではっきりとした履歴が記録されます。

整列
既知の座標軸に3-2-1、Quick-Alignや伝統的なサーフェスフィット、反復アライメント等の様々な方法を使用してインスツルメントを整列します。ユニークなRelationship Fittingは、従来の反復式フィッティングに加えて、有機的な表面に対して同形状に基づいたフィッティングが可能です。

バーチャルなビルドアンドアッセンブリー
SAのデジタルアッセンブリーオプションにより、最終組み立て時に部品がどのようにフィットしているかをバーチャルで確認することが可能です。リアルタイムビルディングに必要な機能がすべて提供されます。数値リスト、図面、CADからの公称データにそった非常に複雑な部品の組み付けに役立ちます。

評価と分析
ユーザーフレンドリーなSAインターフェイスにより、計測の不確かさについてグラフィックと数値の両方を表示し、ユーザー視点により測定品質を向上させます。GD&T解析において、GD&T注釈付のCADをインポートするか手動による作成でリアルタイムでのレポート作成。GD&Tスタンダードに対する検査が可能。形状検査により、CADモデルや、初期の形状からデザインベースのルーチン定義が可能です。関係性の適合は先進的でユニークな空間変換方法を使用いたします。関係はエンティティー間の動的なリンクで、3あるいは、6-DOFの偏差を記録しリアルタイムで再計算します。ウェイトの設定および制約を設定することによりフィーチャフィットごとの最適化が可能です。

CAD
極めて多種の変換とネイティブCADフォーマットが提供されます。対応フォーマットは、CATIA, Solid Works, Pro/ENGINEER, Inventor, VDA FS, IGES, STEP, STL その他多くのフォーマットに対応可能です。使用SAのバージョンに関係なく、完全なトランスレーター機能が搭載されています。

レポート
SAは洗練された、使い易いドラッグアンドドロップを提供。含まれるのはGD&Tレポーティング、コンポジットクイックレポート(グラフィック、表、結果)、コールアウト、マイクロソフトのエクセルとワードへの直接エクスポート、HTML, AVIムービー、クイックPDFレポート、加えてカスタマイズレポートの作成が可能です。

シミュレートと最適化
SA は先験的不確実性モデルに基づき、現実の状況におけるエラーを含んだ測定のシミュレーションをサポートします。USMN(統一空間測定ネットワーク)は全ての使用インスツルメントをひとつの共通ネットワークに組み込み、全体でのネットワークを表すポイントグループを作成します。 従来の方法と比較して、このアプローチは、インスツルメントポジションのエラーの積算を解決します。 USMN はインスツルメント不確実性と先進的最適化アルゴリズムを使用。インスツルメントポジションを同時に解決し、インスツルメントの帰納的不確実性を決定することも可能です。

SAツールキットでラピッドワークフロー
対話式SA Toolkit Barは、GD&T、Relationships、検査、分析およびレポート機能への素早いアクセスを提供。一般的な測定ワークフローを実行中に、一番必要としている測定機能へのアクセスを容易にします。

自動化
内蔵のMeasurement Plan と SA SDK機能は、繰り返し測定において重要な自動レイヤーに追加プロセスを加えることができます。簡単なものから複雑なスクリプトまでを生成することでワークフローと生産性を飛躍的に向上することが可能。分析時間を日単位から分単位に削減するだけでなくエラーも解消し、資産の節約ができます。プログラミングは複数の測定器を非同期で実行可能。機能性に関しても、C++, Visual Basic のような、ユーザー独自の開発環境も利用可能です。

リモートコントロール
リアルタイムで測定データを確認するために、iPhone®, iPod® Touch. iPad® or iPad mini®からレーザートラッカーの遠隔操作することができます。SA Remote Appはアップルストアから無料で利用できます。

SpatialAnalyzer® (SA) brochure
Case Study - Determinate Assembly
LEICA B-PROBE BLOODHOUND Project, Bristol, UK

Software Downloads

Visit our dedicated Software Portal to access support documents and downloads of our latest software.