HP-C-VE ビジョンセンサー

HP-C-VEオプティカルプローブ –CMM(三次元測定機)向けビジョンセンサー

HP-C-VE-M
HP-C-VEはCMM(三次元測定機)向けのカメラです。2D光感応CCDと内臓LEDイルミネーションにより、ワークの測定部分が照らされて観察できます。この機能により大型部品の光学測定が可能になります。
 
視野(FOV)内の、視野内関心領域(ROI)は計測の要素(穴径やエッジ位置)を選択するのに
使用できます。ソフトウェアによるイルミネーションコントロールで個々の計測の画像を最適化することができます。
HP-C-VEの代表的な使用例:
  • 接触スタイラスでは計測しにくい小物部品
  • 柔軟で変形しやすい部品
  • 印刷または溶着のパター
  •  プリント基板
お客様について
貴社について
  • HP-C-VEと従来のCMMセンサーとの自動交換
  • HH-AとHH-ASプローブヘッドに対応
  • ソフトウェアにてコントロール可能な内臓イルミネーション
  • HR-R プローブ交換ラックに対応
  • 特大ワーク向けにビジョン測定機能が可能
   
 視野角 (FOV)   約 6 mm x 5 mm (ワーク検査中) エリア: >35mm2
 光学ズーム  CCDイメージのFOV75% (ワーク上にて)
 スタンドオフ  75 mm
 LEDイルミネーター
 イルミネーション  光学面センターより斜角をもって標的
 タイプ  高インテンシティー(緑色最適反射)
 LED数  4個 90°放射状、傾斜0°
 アウターLEDリング  8個 45°放射状、傾斜16° (4LEDに対し、22.5°にて放射状に交互に配置)
 イルミネーションの選択  4つのセグメントに分割、セグメント毎に強度の個別設定が可能

HxGN LIVE

年に一度開催されるヘキサゴン国際会議HxGN LIVEで革新的なキーノート、世界中に広がるネットワーク、必見の最新テクノロジー等をご体感下さい