Leica Absolute Tracker AT402

他のCMMが届かない所を測定する。

Leica-Absolute-Tracker-AT402-M
Leica Absolute Tracker AT402は、長距離の測定距離でも、抜群の精度を発揮するポータブルタイプの三次元測定器です。内部バッテリーで駆動。最も過酷な環境でも作動し、さらに、高次元の精度と最大の作動作業エリアを維持します。

新次元の携帯性と耐用性
完備した測定システムが、ケースと最低限の構成キットで、わずか15kg。通常の航空機の頭上コンパートメントにも収納できます。まさに、世界で最も、機動性のあるCMMです。

どんな環境にも対応
単独IP54(IEC60529)認証の、完全密閉設計の採用で通常なら厳禁の環境でもこのセンサーなら使用可能ということになります。スプレー、クーラント、ダスト、溶接スプラッシュ、このセンサーに、厳しすぎるものはありません。Leica Absolute Tracker AT402は屋外使用では認証一号機。雨天使用も問題ありません。

PowerLock
Leica Geosystemsは2009年にPowerLockを市場投入しました。このビジョンテクノロジーはリフレクタを検出、ターゲットが移動中にも関わらず、自動的にレーザー光をロック。レーザー光がユーザー側に移ります。この逆はありません。過去において、レーザートラッカーを操作することは、一種のマジックでした。光を切らずに、センサーを効率的に使いこなすコツを覚えるには時間と経験が必要でした。Powerlokは、これを完全に置き換え、レーザートラッカーの扱いは、非常に楽になりました。

ケーブルレスオペレーション
二個の同じバッテリー、一個はセンサー用、もう一個はコントローラ用でAbsolute Tracker AT402は、一日稼働できます。パワーが限界レベルに達するとバッテリーを取り替えるか、ホットスワップが可能。レーザートラッカーは、何事もなかったかの如く稼働を続行します。内蔵のWiFiコネクションで、Leica Absolute Tracker AT402は、外部データやパワーケーブル不要で、完全なワイアレスCMMになります。オプションでAbsolute Tracker AT402は、イーサネット経由のパワーに対応。この機能で、通常のLANケーブルによりデータとパワーをセンサーに供給します。

超特大領域の測定
エンドレスのテレスコープのローテーションで、センサーは水平フル360°垂直方向290°の半球測定が可能。ラジアルボリューム320mとのペアで世界最大の測定領域の精密CMMです。

完全なシステム統合
Leica Absolute Tracker AT402は、迎えるどんな測定タスクにも対応。リモートコントロール、環境モニター、レベルセンサーなどの付属品は、すべて内蔵されています。

Leica B-Probeに対応。
ぴったりの組み合わせ: Leica Absolute Tracker AT402 と  Leica B-Probeは超ポータブルなエントリーレベルのプロービングシステムで

お客様について
貴社について

特長

利点

IP54規格シール処理

個別に IEC 60529 規格認証で最も過酷な状況でも使用

超軽量コンパクト: 8.1 kg コントローラ含む高さ 約290 mm

他のレーザートラッカーがいけない場所でも測定。コントローラはユーザーの邪魔にならない位置、例:三脚上の取り付け

ケーブルレスデザイン

WiFi接続性と機上バッテリーの組み合わせで、ワイヤ接続まったくなしで操作可能.

ホットスワップ可能バッテリー操作

AC (メイン) パワーの心配無用 - 運転の中断なく新バッテリに交換可能で継続使用が可能。

自動ターゲット認識 (ATR)

ATR により連続的なトラッキングや、異なるリフレクタ使用で細かな位置決めが、半球測定域320mmまでできます。

PowerLock ビームリカバリテクノロジー

ビームが切れる心配は無用です。トラッカーが自動的にユーザーに対してロックします。通常のレーザートラッカー技術に比べ、20%もの時間短縮が図れます。

ADM距離計テクノロジー

最も正確な、 Leica Geosystems 距離計です。 e ADM は0.1ミクロンmicronの分解能と半球測定域フル160mで、10ミクロンの最大不確実性。

クイックリリース万能取り付けと重心センサーに対する精度レベル

重心センサーに、内蔵の  ”調査グレード”  水準器が簡単な三つのネジで組み合わせられ、クイック・リリースプラットホームのレベル出しをして、スピーディで簡単なセットアップや移動を可能にします。

展望カメラ

内装展望カメラにより、遠方や固定施設用に、レーザートラッカーのオンライン操縦運転が可能。

一体型環境モニター

自動読み取りと環境パラメータの更新で、不正確な計算やインプットミスの数値を防止。

Leica Geosystems 自社開発の4倍読み取り絶対角度検出システム

絶対角度エンコーダが検出可能な、 ISO 17123-3 0.5” 精度 0.07” 分解能 付、を提供。極めて長いレンジのシステム精度を保証

イーサネット利用電力

所要電力量がすくないので、パワーとデータを市販のCat5LANケーブルに一体化できるPOE+テクノロジーの利用が可能。

Leica Absolute Tracker AT402の精度
すべての精度はLeica Geosystemsの精密1.5”レッドリング・リフレクタと、安定した環境状況でポイントあたり2秒の測定モード。フルレンジは垂直方向、+/- 45˚内でレーザートラッカーから、1.5m~80m離れたレンジを特定。すべての精度は最大許容エラー(MPE)で記載。標準的な結果はMPRの半分である。

UXYZ – Full Range
座標軸”UXYZ”の測定に関する不確実性は、測定した座標軸とそのポイントの名目上の座標軸との偏差で定義される。この測定に関する不確実性は、レーザートラッカーと測定ポイント間の距離の機能として特定される。

AT402:

+/- 15 µm + 6 µm/m (+/- 0.0006” + 0.00007”/ft)

寸法
センサーサイズ: 290 x 221 x 188 mm (11.4” x 8.7” x 7.4“)
センサー質量: 7.3 kg (16 lbs)
コントローラサイズ: 250 x 112 x 63 mm (9.8” x 4.4” x 2.5”)
コントローラ質量: 0.8 kg (1.75 lbs)

レンジ
無限水平回転: +/-360˚
無限垂直回転: +/- 145˚
標準的作業領域: 320 m

環境関連
ダスト/水: IP54 (IEC 60529)
作業温度: 0˚C to +40˚C
相対湿度: Max. 95% (non-condensing)
高度: -700 to 5500 m (-2,300 to 18,000 ft)

動力
加速度: 360˚/s2
回転速度: 180˚/s
PowerLock: 10˚ FOV

絶対角度性能
分解能: 0.07 arc Seconds
精度 (MPE): +/- 15 µm + 6 µm/m (+/- 0.0006” + 0.00007”/ft)
繰り返し精度 (MPE): +/- 7.5 µm + 3 µm/m (+/-0.0003” + 0.00004”/ft)
傾斜角設定精度: (2σ): +/- 1 arc second

絶対距離性能
分解能: 0.1 µm
精度 (MPE): +/- 10 µm (+/- 0.00039”)
繰り返し精度:Repeatability (MPE): +/- 5 µm (+/- 0.0002”)

レーザー発光
Class 2レーザー製品IEC 60825-1に準拠、第二版(2007-03)

一般情報
展望カメラ (OVC) 4:3 IR 拡大イメージ ≈ 10˚ FOV
環境モニター 内部 – 温度, 気圧、湿度
外部 – 空気温度 – 対象物温度
リモートコントロール 一体型4ボタン IR
インターフェイス ケーブル – TCP/IP (Cat5)
ワイアレス – WLAN (IEEE 802.11g)
電力管理 内部 – リチウムイオンバッテリ
外部 – AC 電力供給
オプション – イーサネット配線電力(PoE+)
Leica Geosystems Metrology Products Catalog
Leica Probing Solutions Brochure
Leica Absolute Tracker AT402 brochure
From Axyz to SA
Leica Absolute Tracker AT402 - ASME Specifications
Laser Tracker Software Downloads
CE Conformity Declaration for Leica AT402
LEICA B-PROBE BLOODHOUND Project, Bristol, UK
Case Study Tecnimex do Brasil
Case Study - ATV Project, SETIS, Grenoble
Application Report - PCT
Case Study Stein-Moser GmbH - Bischofshofen
Case Study Corima - Loriol
Case Study Talleres de Guernica

HxGN LIVE

年に一度開催されるヘキサゴン国際会議HxGN LIVEで革新的なキーノート、世界中に広がるネットワーク、必見の最新テクノロジー等をご体感下さい