Hexagon ABがApodius GmbHを企業買収

Hexagon Manufacturing Intelligenceの複合材測定における専門性を強化

2016年8月31日
Apodius-Media-Release
Hexagon ABは、地理および産業向け専門アプリケーションを通じ生産性と品質向上に貢献する、情報テクノロジーの世界的リーディングプロバイダーです。この度弊社は、カーボン複合材の測定ソリューションに特化したApodius GmbHの企業買収を発表致します。

ドイツに拠点を置く2012年創業のApodiusは、カーボンファイバーの開発、生産、測定ソリューションの統合技術を自動車、航空宇宙、エレクトロニクスなどの各OEMメーカーに提供してきました。

カーボン複合材は航空宇宙、自動車、再生可能エネルギーなど様々な高成長分野での製品軽量化を推進しています。現在及び今後の産業動向をサポートし、その専門知識とポートフォリオ拡大を目指すヘキサゴンの目標を促進します。この度Apodiusの参入により、軽量、硬化、強化多層テキスタイル構造の測定ソリューション推進をサポートするコア機能を取得しました。

Hexagon Manufacturing Intelligence社長Norbert Hankeは次のように述べています。「複合繊維検査は従来のヘキサゴンの寸法測定技術を上回り、Apodiusのソリューションは技術とアプリケーションの専門家として当社ポートフォリオを完全補完するものです。」

Apodiusの共同代表、Alexander LeutnerとJonathan Roberz,は補足として次のコメントを寄せています「高精度ポジショニングデータの提供により、ヘキサゴンのソリューションは我々のセンサーと完璧にフィットします。そしてヘキサゴンの一員となり、複合材の生産ライン技術を世界中へ紹介が可能となったことを嬉しく思います。」
Hexagon Manufacturing Intelligence について

Hexagon Manufacturing Intelligenceは従来のテクノロジーを見直し、明日の世界を変える製品開発を支援します。測定と生産ソリューションのスペシャリストとして、当社のセンシング、シンキング、アクティング( 測定データの収集、分析、実用的な活用 )における専門性が、生産品質の向上、製造スピードの向上、その結果生産性を向上できる自信を当社の顧客に提供しています。

5 つの大陸に展開されている各地域のサービスセンター、生産施設、営業オペレーションのネットワークを通じて、我々は品質が生産性をリードする、製造におけるスマートな変革の世界を構築しています。

Hexagon Manufacturing Intelligence は、Hexagonグループ傘下の地理空間的・産業的エンタープライズ・アプリケーション全体で品質と生産性を担う情報テクノロジーの世界的リーディングプロバイダーです。

センサー、ソフトウェア、ドメイン知識、顧客ワークフローに代表されるスマートな情報体系を統合するヘキサゴンのソリューションは、実用情報、自動化プロセス、生産性向上を支援しています。様々な産業の広範囲に渡り採用されています。

Hexagon (Nasdaq Stockholm: HEXA B)は世界51カ国に18000名以上の従業員、総売上高は約3.1億ユーロです。詳細はhexagon.comにてご確認頂けます。

問い合わせ先

Hexagon Manufacturing Intelligence
ヘキサゴン・メトロジー株式会社(本社)
〒252-0132 神奈川県相模原市緑区橋本台 
1-15-8
Sagamihara-shi (Kanagawa-Ken)
Japan

T: +81 42 700 3500
F: +81 42 700 3511

販売・営業部門 カスタマーサービス部門