ヘキサゴンメトロジーがQUINDOS最新版を披露

QUINDOS 7.10は、引き続きパワートレイン分野の高精度ソフトウェアの基準をリード

2015年5月5日
QUINDOS710SoftwareLaunchMediaReleaseimage

ヘキサゴンメトロジーは、三次元測定機とギア検査センター用の高機能寸法検査ソフトウェアであるQUINDOS の新リリースを発表した。最新版のQUINDOS 7.10は、 HP-L レーザースキャニングセンサー PRECITEC LR オプティカルセンサー、 HP-O 干渉計ソリューションを含む最新のヘキサゴンメトロジーの非接触センサーへの対応を追加すると同時に使い易さに的を絞っている。

将来的に、この光学技術は触覚式粗さ測定オプションによって補完されるものであり、新しいQUINDOSの粗さモジュールは、その検査用にすでに対応されている。ISO 4287とISO 1356規格準拠の評価を誇り、シングルプロセスで部品の質量、形状、位置を決定、自動的に記録を取る能力を備える。

QUINDOS 7.10にさらに搭載されているものは、最新の形状生産仕様(GPS)準拠の現行のISO 14405-1
線状長さ寸法量要素と全面的に新しい評価アルゴリズム。ユーザーに便宜が図られているのは寸法や変更子の入力の直観的なコントロールや対話指示による図面仕様実行の直接コントロール。

プログラム作成支援のため、今ベーシックQUINDOSパッケージに搭載されているのは移動パスをデザインするためのプローブ視覚化機能で、プログラミングを簡素化する自動パス用のセキュリティボディー(ボックスとシリンダー)の一体化ができる。

QUINDOS 7.10では、統計の操作も、統計特性一覧モジュールとSTCGRAオプションの全面改良でユーザーフレンドリーなオーバーホールがなされている。従来の機能に新しい特長を追加、現状のプログラムとの適合性を損なうことなくより直観的な操作が可能となっている。

「30年以上に渡りQUINDOSは、最新鋭技術をサポートすべく開発を継続して来ました。この新しいバージョンもこの伝統を継承しています」。と語るQUINDOSの考案者で、ヘキサゴンメトロジーで開発責任者を務めるギュンター・モリス博士。

新技術の統合に加え、特殊形状におけるQUINDOSの中心的な性能は、いくつかの重要なギア加工パッケージを備えるまでに拡大している。 これらのオプションは、標準化されている測定やハースギアの規格準拠の評価、メトリックのISOネジとギアラックにも対応。段階的な指導案内の付属で、パラメータ入力から評価方法の選択、自動化レポートに作成までサポートしてくれる。

QUINDOS 7.10は、2015年5月21日に発売開始。32ビットと64ビットの両方の型式で市販される。

Hexagon Manufacturing Intelligence について

Hexagon Manufacturing Intelligenceは従来のテクノロジーを見直し、明日の世界を変える製品開発を支援します。測定と生産ソリューションのスペシャリストとして、当社のセンシング、シンキング、アクティング( 測定データの収集、分析、実用的な活用 )における専門性が、生産品質の向上、製造スピードの向上、その結果生産性を向上できる自信を当社の顧客に提供しています。

5 つの大陸に展開されている各地域のサービスセンター、生産施設、営業オペレーションのネットワークを通じて、我々は品質が生産性をリードする、製造におけるスマートな変革の世界を構築しています。

Hexagon Manufacturing Intelligence は、Hexagonグループ傘下の地理空間的・産業的エンタープライズ・アプリケーション全体で品質と生産性を担う情報テクノロジーの世界的リーディングプロバイダーです。

センサー、ソフトウェア、ドメイン知識、顧客ワークフローに代表されるスマートな情報体系を統合するヘキサゴンのソリューションは、実用情報、自動化プロセス、生産性向上を支援しています。様々な産業の広範囲に渡り採用されています。

Hexagon (Nasdaq Stockholm: HEXA B)は世界51カ国に18000名以上の従業員、総売上高は約3.1億ユーロです。詳細はhexagon.comにてご確認頂けます。

問い合わせ先

Hexagon Manufacturing Intelligence
ヘキサゴン・メトロジー株式会社(本社)
〒252-0132 神奈川県相模原市緑区橋本台 
1-15-8
Sagamihara-shi (Kanagawa-Ken)
Japan

T: +81 42 700 3500
F: +81 42 700 3511

販売・営業部門 カスタマーサービス部門