私たちのビジョン

製造業にスマートチェンジを

スピードと信頼の提供

各産業は独自のチャレンジ意欲をもち、生産性は全ての製造業の成功の中心となります。メーカーは製品生産をスピード、効率、コスト、品質のベストバランスを探りそのレベルを維持する必要があります。時には各ファクターの調整、例として高品質が不可欠な高級品は慎重な生産が必要ですが、反面コスト高を招きます。また安価で精度に余裕のある量産品はスピードと大量生産が必須となり、製品品質より合理化が優先されることがあります。

Hexagon Manufacturing Intelligenceは、顧客の成功のカギは製品品質に由来する完全な信頼性とスピーディな生産能力と考え、スピードと生産体制への信頼をお約束します。

 

センシング、シンキング、アクティングによる実行

Hexagon Manufacturing Intelligenceの目標は、顧客の課題を解決できるソリューション開発によりテクノロジーとアイデアの統合で完結する製造プロセスの実現です。それは認知科学でセンシング、シンキング、アクティングという3項目で表現される我々の答えです。

  • センシングSensing とは測定の基礎、センサーでデータ収集を行い、製造プロセスの洞察を行う
  • シンキングThinking とは分析力、元データを分析・活用し実用的な情報に変え決定の判断材料とする
  • アクティングActingとは実行、測定分析を通して得た知識を実用段階で有効利用する

我々は単純な品質検査向け測定機を使用する顧客をサポートしながらも、上記の3領域を必要とする製品を扱う顧客の増加を認知しています。Hexagon Manufacturing Intelligenceは製造業の中心に、ワンストップの優位性を活かした統合ソリューションを提供する独自の立場をとっています。

品質が生産性を制する

これまでは測定はソリューションとしてではなく、問題を抱える顧客にのみ必要だと考えられていました。品質保証は生産性の障壁でしたが、我々はこの認識を変える可能性を秘めていると考えています。センシング、シンキング、アクティングはそれぞれが独立した最初のステップです。我々は既に製造サイクルの各段階の相互活用を進めています。

自動化ソリューションの潜在可能性を模索することで、Things and Industry 4.0原則のインターネットは、我々がセンシング、シンキング、アクティングが自動化サイクル内で完結し、理論的知識を結集した結果、真の進化を測定技術にもたらすことを信じています。Hexagon Manufacturing Intelligenceのビジョンでは、品質はもはや生産性を阻害するものではなく、制御・活用するものだと考えられています。

弊社紹介

Hexagon Manufacturing Intelligenceは従来のテクノロジーを見直し、明日の世界を変える製品開発を支援します。

リブランド

Hexagon MetrologyからHexagon Manufacturing Intelligenceへ